【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 結城素明

結城素明

鏑木清方や吉川霊華、松岡映丘など、当時の名だたる画家達で金鈴会を結成し、革命を起こした最重要人物の1人が、掛軸買取 結城素明です。伝統は守りながらも、洋画をこよなく愛し、新たな世界観を生み出し続けた希代の画家として広く知られています。1875年に東京本所荒井町に生まれた結城素明は、酒屋を営んだいた家の次男でした。10歳の頃に、親類の結城彦太郎の養嗣子となった結城素明は絵画への興味を見せ始めます。岡倉天心の紹介により、、川端玉章の主宰していた天真画塾に入塾をします。さらに、そんな結城素明は、より本格的に研鑽を重ねて行くために、東京美術学校日本画科に入学を果たします。当時より、絵画への想いが強かった結城素明だけに、目に止まるものは全て写生をしてたという情熱振りであったと言われています。日本画に専念をしながらも、3年洋画科に入り、洋画を研究していきます。モダンな思想を持ち合わせていた結城素明だけに、その実力は在学中より発揮され、第1回日本画協会展に第2回日本画協会展共に、1等褒状を受け周囲を驚嘆させていきます。卒業後には、同校に残り、助教授として勤務。画家としての活躍も続けており、島崎柳塢と平福百穂などと手を組み、旡声会を結成。写実力の強い、新しい日本画を模索し続けて行きます。第1回文展に出品する「無花果」が入選を果たす後、東京勧業博覧会は「蝦蟇仙人」で3等を受賞するなど、その名声と実力を世間に知らしめ続けて行きます。そして快挙となったのが、第10回文展の「歌神」と、第11回文展の「八千ぐさ」での連続特選を受賞でしょう。その後には、金鈴会を結成し、より攻める日本画を探求しつづけたのです。国内はもとより、海外でも評価の高かった結城素明は、レジオン・ドヌール勲章受賞後、ヨーロッパ遠征なども果たし、フランスで風景画なども描いています。「馬の湯」や「嶺頭白雲」、「早い秋の山」など美術界でも非常に名高い作品を多く残しています。掛軸買取においても、結城素明の作品は非常に高価買取となります。常に新しい世界を見続けていった結城素明。彼の思い描く新しい芸術は、現在の日本の美術界に大きな影響を与えたのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談