【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 英一蝶

英一蝶

狩野派風である山水画、風景画。そして、浮世絵のような独特の作品。都市における風俗を描き続け、その名を高く美術界に広めた画家が、英一蝶でしょう。数多くの号を持ちながら絵画活動を続け、様々な秀作をのこした画家として知られています。 そんな、掛軸買取 英一蝶は、伯庵は伊勢亀山藩の侍医であった父の元、京都で生まれます。彼が15歳の頃に、事情で一家で江戸い移り住むこととなります。絵画が好きであった英一蝶なので、その才能を認めれ藩主の命令で狩野安信に入門します。大変名誉なことではあったのですが、のちに破門されてしまうこととなります。ある程度の実力を持ち得ていたこともあり、その後は多賀朝湖という号を使い「狩野派風の町絵師」として活躍を続けます。また、書も習うこととなり、様々な交友関係を生み出していきます。町人から旗本や諸大名、さらには豪商まで、とにかく数々のジャンルの人間との親交を深めていきます。幇間としても活躍しており、その話術などでは、豪商に大名も思わず財布のヒモが緩んでしまうような、そんな愉快な話術を持ち合わせていたとのことです。しかし、処罰などを良く受けており、生類憐れみの令に対する違反などにより、三宅島へ流罪となるなど、非常に数奇な運命をたどっていた画家としても有名です。貧乏ではあったが、その人なつこい性格や親交の深さで多くの人々に愛されていたことも、彼の特徴でしょう。江戸の風俗の中で生き抜く英一蝶独特の目線で、数々の縁起絵などが残されている。狩野派に浮世絵と、とにかく学んできた技を古典の軽妙なパロディや俳諧趣味として描くそのタッチは、まさに独特なものです。代表作としては「群盲撫象図」であったり、「十二天像火天図」などが有名で、その独特なタッチで今でも古さを感じさせないユーモアなどが特徴です。掛軸買取においても、この英一蝶の作品は貴重であり、高価買取となっています。数奇な運命に流されながら、その状況を絵画というユーモアで洗い流す洗練された感覚の持ち主だった英一蝶。彼の功績は日々、大きなものであったと認識され始めているのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談