掛軸 荒木寛畝

荒木寛畝

掛軸画家 荒木寛畝は、1831年に生まれた日本画家です。伝統的である花鳥画に洋画の技法を取り込む、独特の作風で有名になり、日本画界の画壇として活躍した人物です。江戸・芝に生まれた荒木寛畝は、9歳という幼さで谷文晁派の荒木寛快に入門しており、その後の22歳の時に氏の養嗣子となったと、伝えられています。画の基礎は、師である寛快に学び、その才能に磨きをかけていきます。結果的に、1856年に山内容堂に認められることとなり、土佐藩の絵師として活躍します。しかし、その後の1872年、ウィーン万博博覧会で「菊花図」を受賞したことがきっかけで、海外にも興味を持ち出します。その、受賞の年、山内容堂がこの世を去ったあと、作風を一気に洋画に転校させるという大胆な行動に出ます。川上冬崖に学び、もともと才能は豊かである荒木寛畝だけに、すぐに頭角を現します。実力を着けて行くと、荒木寛畝、五姓田芳柳、高橋由一と油絵3名家と称されるようにもなりました。しかし、油絵を極めて言った荒木寛畝は、その後に再び日本画の転向。しかし、すでに日本画家としても名を成している同氏だけあり、次の作品には以前の荒木寛畝のような、保守的なところは見当たりません。南北合派に洋画の技術を混合させて、全く新しい次元の花鳥画を描き出したのです。自らの作風を手に入れることとなった荒木寛畝は、この転向を機に数々の賞を受賞していくこととなります。シカゴにパリ、セントルイス万国博覧会の展覧会での受賞をしており、国内だけでなく世界的に著名な画家となったのです。さらに、荒木寛畝は美術界の発展にも多数貢献しています。1887設立日本美術協会では、非常に重要な地位を確立し、1898東京美術学校教授や帝室技芸員での活動。英国ロイヤル・ソサェティ・オブ・アーツ会員という名誉から、文展の第一回の審査員としての活躍。多数の場所で、荒木寛畝の名を轟かして行ったのです。今の日本画界は彼無しには、確実に成長はありませんでした。日本が忘れてはならない、非常に大切な芸術家こそ荒木寛畝なのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ