【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 菊池容斎

小野竹喬

歴史の人物画を非常に卓越した技法で描き、日本史上人物500人の像を描いた作品集「前賢故実」を作り上げた人物が、掛軸買取 菊池容斎です。土佐派・円山四条派を学び、中国画であったり西洋画のエッセンスも取り入れていったモダンな画家としても知られています。そんな菊池容斎は、1788年に江戸下谷長者町で生まれます。幕府西丸の御徒という父親の元、日々過ごしています。15歳の頃には、河原家を嗣います。しかし、28歳の時に父の生家が断然してしまいます。結果的には、この家系を守るためにも、妹に婿養子を迎えて河原家を嗣がせ、自身は38歳で致仕し菊池家を再興していることでも知られています。幼少の頃より絵画に魅せられていた菊池容斎なのですが、父親が厳格な人であったために、画を描くことを禁じられていました。しかし、16歳の頃に描いた両親の肖像画を見て、絵画への道へ進むことを承諾した、という逸話が残されています。より、研鑽を積んで行くために、その後、高田円乗に師事。狩野派や南蘋風など、日本画の基礎を叩き込まれていきます。しかし、絵画に関する思いも強いと同時に、流派にこだわらず、良いものは取り入れていこうという、当時としては珍し寛容な精神を持ち合わせており、様々な流派などに影響を受けて秀作を生み出し続けて行くこととなります。後世に残る名作である「前賢故実」に取りかかったのが、1825年。神武天皇の時代から、後亀山朝という時代に行きた歴史上の人物を、描き続けるという大仕事を成し遂げて行くことになるのです。その活動の功績を右大臣・三条実美に、左中将・東久世通禧が伝え、天皇の目に留まっやことで、容斎は天皇より「日本画師」という素晴らしい称号を受けたと言い伝えられています。自らの活動もさることながら、教育者としても優れた才能を持っていた為、門下には松本楓湖や渡辺省亭、鈴木華邨、三島蕉窓など蒼々たる画家がいることでも有名です。菊池容斎は、掛軸買取に関しても非常にその作品が高価買取となります。歴史画で、美術界に大きな影響を与えた菊池容斎。彼の功績は、表彰という目に見えるものでなく、精神的にも多大なる影響を残したのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談