【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 西内利夫

西内利夫

岩絵の具を用いた独特のタッチで、雄大で豪快な山岳風景などを描いた画家、掛軸買取 西内利夫。素晴らしい世界観だけでなく、人々の心にしっかりと届く温かみのある作風は、多くのファンを持った希有な画家として知られています。んな西内利夫は、1933年に京都に生まれます。幼少の頃から画家を目指した西内利夫だけに、高校生の時分で日本画を描きたいと志願。日吉ヶ丘高校日本画科に入学し、若くして日本画の基礎を学びます。日吉ヶ丘高校日本画科を卒業した後、晨鳥社に入塾をしています。その場所では、日本画の大家と言われていた山口華楊に師事。基礎を学ぶだけでなく、様々な精神をも学んでいきました。徐々に才能を見いだされていったことで、晨鳥社社展はもちろん、日展や新日展、京都市美術展など数々の名だたる展覧会への出品を果たします。勿論、入選回数も多く、名実共に日本画の画壇としての名を馳せていくことになっていきます。さら、そんな西内利夫は日展での活躍も目覚ましく、名誉ある賞も日展で数々受けています。伝統を重んじ続けていた西内利夫でしたが、旧来の日本画だけでなく、新しい未来を切り開いていこうと常々考えていました。そのためか、ある程度の力、名声を手に入れたことで余裕が生まれ、1967年にアメリカ・メキシコに留学を果たしているのです。さらには、そこでの影響だけでは足らず、1974年からは中国へ毎年のように取材を重ね、結果的に生涯の秀作を生み出す礎を築き上げて行くことになるのです。岩絵の具を使い、荒々しくも優しく心に響かせる山岳風景を描く、西内利夫の世界観は、現在でも多くの人々を魅了します。そんな自由闊達な作品を描いたと思えば、優しいタッチの温和な作品も手掛けているのです。掛軸買取に関しても、西内利夫の作品は高価買取となります。自ら、自由な作品作りを求め続け、どこにも所属をしなかった西内利夫は、48歳で他界。美術界は、落胆します。若くしてこの世を去りながらも、これだけ強い印象を残した画家は少ないでしょう。彼の存在感こそ、芸術だったのかもしれません。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談