掛軸 西山翠嶂

掛軸 西山翠嶂

西山翠嶂

1879年に生まれた画家、掛軸買取 西山翠嶂。「青田」「青梅」などの秀作を生み出したり、堂本印象や中村大三郎・上村松篁など名だたる日本画壇を育て上げた画塾青甲社を創立するなど、日本美術界に大きく貢献した人物の1人として知られています。京都に生まれた西山翠嶂は、幼い頃から画家になる夢を持ち、絵を描いては生活をしていました。本格的に絵画を勉強する、と心に決めた西山翠嶂。まず、絵画の手ほどきを受けたのは、日本画の大家であった竹内栖鳳でした。伝統を重んじながらも、自由闊達な師の影響を受け、その才能をより磨いて行きました。さらに、絵画の基礎を徹底して学ぶために京都市立美術工芸学校にも入学。京都市立美術工芸学校の卒業後は、内国勧業博覧会や新古美術展覧会で活躍。出品を続けて行き、後に第1回帝展審査員としても推挙されるほどとなります。そんな、西山翠嶂は自らの作品を描くこともさることながら、美術界の後進への指導にも熱心でした。1919年。帝展の審査員となった同年には、卒業校でもある京都市立絵画専門学校で教授として、教鞭を振るうこととなります。教鞭と自らの作品作りという忙しい日々の中、1929年には帝国美術会員も歴任します。名誉ある地位を築いていった西山翠嶂は、信頼を美術界より勝ち得、京都市立絵画専門学校の校長まで上り詰めることになります。文展など、第1回の頃から出品を続け、第10回展からの出品では、3年連続で特選を受賞するほどの腕前であることから、名実共に日本画壇の大家であることは、誰も疑うところでは無かったのです。西山翠嶂の作品は、どこか愛らしく心を落ち着かせてくれるものばかりです。繊細な筆遣いに、大胆な構図。師である竹内栖鳳を思わせる、秀作は現在でも人気です。そのため、掛軸買取においても西山翠嶂の作品は注目を集め、高価買取で取引をされています。自らの芸術だけでなく、後進への指導も熱心に行った西山翠嶂。日本美術界に残した功績は、計り知れないものなのかもしれません。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ