掛軸 西山英雄

掛軸 西山英雄

西山英雄

画家の西山翠嶂を叔父に持ち、荒々しくも繊細で見るものを魅了する作品を描き続けた画家が、掛軸買取 西山英雄です。京都市文化功労賞も受賞するなど、美術界への貢献度も高く、現在でも非常に人気のある画壇として知られています。1911年に京都に生まれた西山英雄は、幼少から画家になる手ほどきを受けています。もちろん、叔父である西山翠嶂に師事をし、日本画の手ほどきを受けます。叔父の創立した画塾青甲社にも入塾をし、より研磨を磨いていったのです。梅原龍三郎の持つ筆遣いに憧れたということで、荒々しくも大胆な筆遣いを身に着けることを夢見ていました。さて、画塾青甲社の後にはより研磨を磨いて行こうと、京都私立絵画専門学校に入学をします。元々、叔父や一流の塾などで英才教育を受けていただけに、西山英雄の才能は瞬く間に花開きます。在学中の身でもありながら、何と第15回帝展に出品し、初入選を果たしてしまうのです。周囲を驚かせた西山英雄は、その功績におごり高ぶる真似はせず、より勉学に励みます。時は、1948年。日本画家の多くが旧来の日本画の在り方に異論を唱え、新時代を築こうと試行錯誤を始めていきます。そんな中、西山英雄も新しい斬新な日本画の世界には憧れますが、敢えて伝統的な作品を描き続けます。しかし、転機が訪れるのが1958年。青甲社を主宰していた西山翠嶂がこの世を去ってからです。血縁でもあったことから、塾生から引き継ぎを頼まれるのですが、これを拒否し退塾。ここから、自らの自由な作品作りが始るのです。日展を中心に出品を重ねていき、大胆で力強く、自由闊達な秀作を生み出し続けていきます。1958年には牧人社を結成し、同年に日展文部大臣賞を受賞。日本芸術院賞受賞や京都市文化功労者を経てからは、京都日本画家協会理事長と、美術界への貢献も果たしていくことになるのです。掛軸買取においても、西山英雄の作品は人気があり、常々高価買取が行われます。偉大な叔父を持ちながら、その名声には甘んじず、自らで芸術の世界を切り開いていった西山英雄。彼の芸術こそ、新しい日本画の世界を物語っているのかもしれません。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ