【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 西村五雲

西村五雲

美術界へ大きな影響を与えた画塾晨鳥社を主宰し、山口華楊など多くの画壇を育てたことでも知られる画家、掛軸買取 西村五雲。のどかな動物画を多く描いていたことで知られながら、その繊細で高度な写実力は、現在でも高く評価され続けられています。1877年に生まれ、京都出身。日本画家の西村卓三を息子に持つ事になるなど知られています。若い頃から日本画への興味を強く持ち、13歳という若さでありながらも、岸竹堂に入門を果たします。その後、竹内栖鳳に師事をしていきます。高名な画家でもあった師から多くの物事を学んだ西村五雲は、その才能を広く伸ばし始めて行きます。まず、1907年第1回文展に「咆哮」を出品。何と、三等賞を受賞することになります。そこから数々の活躍をつづけることになり、1913年には後進への成長を目的に、京都美術工芸学校教諭を歴任します。指導力に優れていた西村五雲は、多くの生徒からも人気があり、定評のある教師として数々の声がかかっていきます。1924年には、京都市立絵画専門学校の教授として迎え入れられ、さらなる後進への教育へ力を入れていきます。帝国美術会員に推挙もされていますが、大きな功績としたら画塾・晨鳥社を主宰したことでしょう。新しいながらも、どこか伝統的でもある。日本画の可能性を最大限に発揮できるような、新しいその教育方針は、数々の日本画家を輩出します。特に有名なのが、山口華楊でしょう。その山口華楊も、後に多くの日本画家を育てることになるのですが、その礎を築いたのが、西村五雲だったのです。西村五雲の作品は、動物を愛らしく幻想的なタッチで描くことで有名です。名作「淡光」では、3匹のウサギが身を寄せ合っている様が描かれていますが、3匹ともに、色彩が違い、独特なコントラストを生み出しています。さらに、写実力に構図力。どれを取っても、一流である西村五雲の天才的なセンスが伺える秀作となっているのです。掛軸買取においても、西村五雲の作品は人気を博しています。日本画を知らない人であっても分かりやすく、そして強く心に訴えかける作品。日本画家として、非常に意味のある作品を描いてきた西村五雲は、日本における宝でもあったのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談