掛軸 速水御舟

掛軸 速水御舟

速水御舟

大正期から昭和初期にかけて活躍し、日本画の新しい世界を切り開いた天才画家が、掛軸買取 速水御舟です。美しく幻想的、華やかで切ない。様々な感情を呼び起こさせる秀作を描き続け、いずれ日本の美術界を背負うことを期待されていた速水御舟。しかし、腸チフスを煩い、僅か40歳という若さでこの世を去ってしまうのです。さて、そんな速水御舟ですが、1894年に、東京府東京市浅草区浅草茅町二丁目16番地に生まれました。市立育英小学校高等科を卒業した後、興味のあった絵画の技術を学ぶために、歴史画家松本楓湖の主催している安雅堂画塾へと入門をはらします。 宋元古画や大和絵に俵屋宗達に尾形光琳など、名立たる粉本を模写し、基本を身に着けて行きます。それだけでなく、自ら同門の仲間と団体を作り、周辺を散策しては、写生などを続けていったと言われています。さて、そんな速水御舟なのですが、1910年の巽画会展の「小春」、烏合会展では「楽人」を出品。蒔田禾湖として出品しており、展覧会へは初の出品となります。2年後の巽画会展に「室寿の讌」では、一等褒状を獲得しており、宮内省の買い上げという名誉を達成することとなるのです。雅号を御船とし、その年の第4回院展で「洛外六題」を出品します。すると、横山大観や下村観山ら日本画の大家達に激賞されることとなり、日本美術院の同人に推挙されるという快挙を成し遂げることとなるのです。名誉を手に入れながらも、日々新しい日本画の可能性を模索していた速水御舟は、陶磁器や果物などの材質を迫真の写実で描き、まさに今までに無い日本画を描き続けていきます。琳派の装飾的画面構成であったり、西洋画の写実技法を取り入れたりと、とにかく探究心の強い画家でした。傑作でもある、「炎舞」が有名ですが、名樹散椿などは、昭和期の美術品初の重要文化財に指定されています。そんな、速水御舟の作品は非常に掛軸買取でも人気があり、高価買取となります。その類い稀なる才能で周囲を驚かし続けた天才、速水御舟。今、彼がこの世にいたとしたら、一体何を描くのでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ