掛軸 都路華香

掛軸 都路華香

都路華香

独創的な日本画を生み出すだけでなく、波をモチーフに描かれた作品など、数々の秀作を残した画家が掛軸買取 都路華香です。世界的に評価が高く、まさに日本画の域を超えた、新しい存在として常に注目されていました。そんな、都路華香は1871年に生まれました。画家として生涯を腹に決めたことで、幸野楳嶺に師事をします。絵画の基礎を学んではいましたが、この当時の情勢自体、日本画の伝統主義に縛られる退屈な状況を変化させようと、数々の画家達が斬新で新しい作風に取り組んでいた時期でした。新進気鋭の若く才能のある画家達が多く生まれた時代になったことも関係し、都路華香が持ち合わせていた独創的な発想による日本画も認められて行きます。内国勧業博覧会を始め、絵画共進会など国内でも非常に重要な賞を次々と受賞していくことになったのです。そんな都路華香は、日本画の画壇でもある竹内栖鳳に菊池芳文、谷口香嶠などと一緒に「幸野楳嶺門下の四天王」と称されています。それほどまでに名声を上げて行く都路華香の作品は常に展覧会などに引っ張りだこであり、当時を代表する大画家としても有名でした。都路華香と言えば、何といっても波をモチーフにした作品が非常に有名なのですが、とにかく時間さえ有れば、波を丹念に研究し、より写実的で独創的な作品を手掛けていったといいます。しかし、仏画なども多く描いていた事でも知られ、幼少時の頃から学んだ四条派の画風を軸にし、建仁寺の黙雷禅師に参禅して得た精神性が合わさった作品を生み出しています。とはいえ、そこは日本画という枠を抜け出し、まさに新しい都路華香が表現されています。日本はもとより、海外でも非常に評価が高いという事実もうなづけるのでは無いでしょうか。さて、そんな都路華香の作品は掛軸買取においても、非常に人気です。常に高価買取になっており、日々掛軸買取業界を賑わしています。自らの芸術を追求するだけでなく、後進への教育も熱心であったという都路華香。彼の想像する真の芸術というのは、一体どんなものだったのでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ