【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。
20-21 年末年始の営業に関する
ご案内はコチラ ▼

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 酒井三良

酒井三良

ぼかしを巧みに使った郷土の何気ない風景を描き、その哀愁と温かみのある秀作で日本画の大家と呼ばれた掛軸画家が、酒井三良です。彼の描く作品の多くは、会津地方という郷土の風景です。切なさも感じさせるその作風も、どこか酒井三良の手が入るだけでも、落ち着きを感じさせるような、そんな不思議な力を持っているのです。そんな酒井三良は、1897年に河沼郡柳津町出身に生まれます。絵画へのキッカケは、坂内青嵐に画を学ぶところから始まります。しかし、学べば学ぶ程様々な疑問が浮かび上がる坂内青嵐は、結果的には独学という道を選ぶことになります。会津に住みこみ様々な場所へ出品を続けます。そして、この酒井三良の名前を日本に知らしめたのが、第2回国画創作協会展に出品した作品です。ここで入選を果たす酒井三良が、院展においても重要人物として前に進み出すことになるのです。また、小川芋銭や奥村土牛との出会いも酒井の画家人生に大きな影響を与えて行ったと言われます。終生交流を持ち続けていったと言われてるだけに、その仲間意識や作品への情熱などの気持が、強く通じ合っていたのではないでしょうか。院展で活躍をしてきた酒井三良は、銀座松坂屋での個展も開く程の腕前と名声になっており、名実を伴った大画家へと変化を遂げていったのです。さて、様々な場所を点々と移り住んできた酒井三良だったのですが、彼の才能を見初めていた横山大観のすすめにより、太平洋側の落ち着いた場所に腰を落ち着けることとなります。日本の四季を美しく切り取った作品を多く描いていた酒井三良は、かまくらや郷土の畑、そして木々などを独特のぼかし技法を使って巧みに描いて行きます。文部大臣賞までをも獲得することになりながら、決して奢り高ぶることは無く、自らの芸術を極めていったのです。掛軸買取においても、酒井三良の作品には人気が集まります。自らの力で新しい美術の世界を切り開いていった酒井三良。彼の慈愛に満ちた生活は、これからも語り継がれて行くことでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談

年末年始 買取金額20%UPキャンペーン