掛軸 金島桂華

掛軸 金島桂華

金島桂華

掛軸画家 金島桂華は、広島県安那郡湯田村に1892年に生まれた日本画家です。日本芸術院の会員として日本美術界の邁進に貢献を続けて行きました。四条派に院体風を融合させる独特の視点で花鳥図を描き、数々の賞を受賞していった、日本を代表する画家の1人として有名です。幼い頃から絵画への興味を持ち、14歳の頃には尼崎に移り住みます。そこで、西家桂州と平井直水に師事を仰ぎ、絵画の基礎から様々なことを学び会得していきます。そんな金島桂華は、1909年に,大阪浪花絵画競技会で「細雨」を出品。褒状を受けるという快挙を成し遂げます。さらに、翌年の東京巽会展では「花芭蕉」で一等褒状を受けるなど、若くして栄光を手にして行くこととなります。しかし、慢心することなく、自らの芸術をより磨き上げるために、1911年に京都へ向かい、竹内西鳳に入門し教えを乞うています。さらには、精神も磨きあげようと決心を固め、1914年に鎌倉円覚寺で、また1923年にも京都妙心寺で禅の修行を行うという、荒行も経験していきます。帝国美術院推薦を得ている金島なのですが、1918年での第12回初期文展での「叢」出品で初入選してからの帝展での活躍が目覚ましかったことが挙げられます。帝展に文展、日展には毎年のように出品を続けており、第6回帝展に代表作とも言われている「芥子」を、そして第8回帝展では「鳴于九皋」を、さらに第9回帝展で「牡丹」を出品。こちらは、特選を過受賞しています。こういった華々しい経歴を持っていた金島桂華は、国内の美術界でも非常に高い名声を手に入れて行きます。その後も、制作意欲にクオリティは一切落ちて行くことは無く、第8回日展では「鯉」での文部大臣賞の受賞。さらには、翌回日展では「冬田」で芸術院賞までを受賞しているのです。金島桂華の作品群は、未だに掛軸買取においても人気があり、多くの場所で取引されています。福山市名誉市民としても有名であり、芸術を通して自らの人生を築き上げた本物の芸術家と言えるでしょう。才能に恵まれて、それをいかんなく発揮し続けた金島桂華。本人だけでなく、多くの人々にも幸せを分け与え続けた芸術家の1人でしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ