【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 鈴木竹柏

鈴木竹柏

日展の会長、さらには文化功労賞受賞者としても有名な画家、鈴木竹柏。幻想的で壮大な構図の風景画などを多く残し、日本美術界に強く貢献してきた画壇としても知られています。そんな、鈴木竹柏は1918年に生まれています。神奈川県の出身で、逗子開成中学を卒業し、絵画への道を決意して動き始めています。日本画の手ほどきを受けて行ったのは、中村岳陵です。中村岳陵に師事をし、日々絵画への技術を鍛錬していったのです。そんな鈴木竹柏が、初めて入選を果たしたのが、院展です。この入選をキッカケに数々の賞を受賞していくことになります。1962年には、日展菊華賞を受賞し、1981年の日展文部大臣賞も受賞。結果的には、日展での活躍を続けており、日本美術界においても、非常に高く貢献をしていっています。そんな鈴木竹柏の作品の特徴は、まず独特の色使いでしょう。「妙義輝く」は、独特の緑を基調にした山と渓谷、雲と月の作品ですが、まさしく、この鈴木竹柏が描く独特の世界観が詰まっていると言える秀作となっています。 大胆な構図でありながら、繊細さを極めるその風合いは、彼にしか出すことができない最高の技術に間違えはありません。そして「耀映」。川を中心に木々が囲み、奥には草原と小屋が見えている作品です。雲谷のかかったような幻想的な風景に浮かぶ、ひとつの小屋。これこそ、鈴木竹柏の神髄です。まさに、グリーンがかった絶妙な色調と反射する美しく繊細な木々。彼の筆の全ての情熱と気持が乗り移っているのかのようです。この鈴木竹柏の作品には、師である中村岳陵の影響が色濃く出ているという人も多くいるほど、大きな影響を受けています。たまたま、近くにアトリエを構えていた中村岳陵との出会いが、鈴木竹柏の画家人生を大きく変化させていったのでしょう。掛軸買取においても、この鈴木竹柏の作品は非常に注目をされ、高価な価格で買取をされます。常に独創的な世界観と、伝統をバランスよく表現し続けた天才画家鈴木竹柏。彼の残した功績こそ、日本美術界の宝なのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談