【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 鏑木清方

鏑木清方

晩年、「市民の風懐にあそぶ」と称しており、庶民の生活を題材にした作品を多く手掛けた掛軸画家 鏑木清方。鏑木清方は、1878年に生まれ、明治から昭和期の浮世絵師としても名を馳せた、日本を代表する画家と知られています。情緒豊かな日常の風景を描く作品を多く残したことでも、多くの人々に愛されています。 鏑木清方は晩年こそ庶民の日常風景を描いていましたが、本来美人画の名手としてしられます。上村松園や伊東深水など、日本美人画の大家達と並んで評されており、その数々の美人画は国内外でも高い評価を獲得しています。そんな、鏑木清方は東京の神田に生まれます。父親に当たるのは条野採菊であり、山々亭有人と称していた、人情作家であったことでも知られます。 そのためか、幼少の頃から非常に芸術に触れる機会も多く、自然に画家への道を目指して行くようになりました。そして、14歳の頃にはすでに水野年方に師事をして、絵画の基礎を学びます。当時より、才能を発揮していった鏑木清方は十代という若さでありながら、「やまと新聞」での挿絵などを担当しており、すでにプロとしての道を上り始めていました。その後、出品などを続けますが、美人画などを中心に書いており、泉鏡花と知りあって以降、江戸情緒や浮世絵の美に魅せられ、終世この姿勢を崩すことはありませんでした。鏑木清方は、あまり会派や党派などに興味が無く、吉川霊華と平福百穂達との金鈴会を結成するも、そこまで熱心に活動をしていなかったといいます。むしろ、本絵の活動と平行して挿絵活動も積極的に行っていたため、随筆などの方面でも活躍をしていました。そんな鏑木清方ですが、代表作として注目されたのが「三遊亭円朝像」です。 こちらは、珍しい男性を描いた作品と言われていますが、重要文化財指定という日本の宝ともなっている貴重な作品です。このように、鏑木清方の作品は美人画だけないものに掛軸買取でも注目が集まっています。勿論、得意の美人画なども人気のシリーズです。鏑木清方は、自らの芸術を上手にコントロールできる器用な画家でした。現在の、日本美術界に最も影響を与える芸術家の1人として、いつまでも語り継がれていいくことでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談