掛軸 長谷川朝風

掛軸 長谷川朝風

長谷川朝風

俳人であり、また日本画家であり、多くの才能を持ち得えながら活動を続けた画家が、掛軸買取 長谷川朝風です。郷土大垣にも多大なる貢献をしており、天衣無縫で実直な人生には、多くの人々の心が動かされています。1904年に岐阜に生まれた長谷川朝風は、幼少の頃から絵画への関心が高く、美しい自然の郷土の中、天真爛漫に育っていきました。日々、絵画への思いは熱くなる一方で、つに清水古閑に師事。日本画の技術の基礎から、思想などを一から学んで行くことになるのです。そして、より研鑽を積みたいと心に刻んだ長谷川朝風は、上京を決意します。京都市立絵画専門学校に入学を果たし、さらに自らを絵画への世界へのめり込ませます。その場所で、様々な技術を学ぶながらも、その過程に甘んずることは無く、京都市立絵画専門学校卒業の後には、何と近藤浩一路に師事、号も朝風と変更し活動をすることなるのです。そんな長谷川朝風の最初の入選は、1931年の帝展でした。この入選をキッカケとして、その後様々な名誉ある賞を多数受賞することになっていくのです。京都画壇として中心的な活動をしていた長谷川朝風なのですが、眼病を患っていたことでも知られます。しかし、その逆境にも負けることは無く、院展での活躍を続けます。美術院次賞や大観賞等を受賞、さらには院展特待画家となるなど、美術界への高い貢献を続けていきました。さらに、戦後は郷土である岐阜を本拠地として、岐阜画壇の中心となって県美術展を開催させます。もちろん、それだけには止まらず、後進への教育を強化するために、朝風画塾を主宰。岐阜県内で活動をする画家たちの止まり木として、貢献をし続けたのです。長谷川朝風の作品は、とにかく温かみがあり、繊細であり素朴です。思わず顔がほころぶような、優しさに包まれた人柄も想像できる構図が特徴です。掛軸買取に関しても長谷川朝風の作品は、人気ですので、高価買取で取引されます。一時は、京都画壇として日本美術界を牽引した長谷川朝風。しかし、故郷に帰り、その場所で愛する芸術を広めていった事は、彼の優しく慈愛に満ちた人間性がよく分かる生き方だったのではないでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ