掛軸 関主税

掛軸 関主税

関主税

自然をモチーフに、様々な情景を淡く幻想的なタッチで描いていった画家、掛軸買取 関主税。日展での活躍が目覚ましく、数々の功績を日本に残した日本美術界における重鎮です。そんな関主税は、1919年に千葉県で生まれます。幼少の頃から絵画に触れる機会もあり、そのまま画家としての生活を目指して行くことになります。状況を果たすこととなった、関主税は東京美術学校に入学をします。 同行で絵画の基礎を学び、日々研磨を重ねて行きます。卒業する在学中には、結城素明に師事をしていました。卒業後の戦後より、のちのち活躍をすることとなる日展への出品を始めます。この出品を機会に彼の画家人生に拍車がかかっていきます。1986年には日本芸術院賞を受賞しており、さらに1992年には日本芸術院会員に推挙。最終的には、1999年に日展理事長に任命され、当時の日展を引率する重要な人物としても知られていました。 さて、そんな日本画の大家でもある関主税は夢の画家とも言われていました。その理由は、とにかく色彩の美しさによるものが大きいでしょう。繊細でありながら、どこかぼやけたような幻想的な雰囲気を取り込み、まさに優雅でありながら、夢の中にいるような錯覚を生み出す作風になっているのです。特に「静」では、まさに幻惑的な青、緑、白、グレーを使いこなし、湖の反射までも妖艶に写し出しています。透き通る訳でもなく、ただ濁っている訳でも無い。まさに独特のその感覚というのは、関主税だからこそ生み出すことができる、そんな作品なのです。自然を愛し続けていた関主税は、夜空に銀河、湖、動植物などをよくモチーフにしました。自然が持っているその見えないながら、力強い生命力を常に感じてとっていたのでしょう。さて、そんな関主税なのですが掛軸買取においても、非常に高い評価を得ています。特に、「安房の春」や「野」、「幸せの島」などは代表作ということもあり、非常に評価が高いことでも有名です。夢の画家として、美術界に革命を起こした天才画家、関主税。彼の生きる道しるべは、全て絵画が教えてくれたのでしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ