掛軸 高山辰雄

高山辰雄

人間や空、道などの人間の生活を愛情深く、そして深い色彩で描き続けた画家、掛軸買取 高山辰雄。95歳でこの世を去るまで生涯、現役を貫き続けた日本を代表する画家として知られています。そのな高山辰雄は、1912年に大分県に生まれます。絵画に目覚め、自ら画家として生計を立てて行くことを決意。上京した後に、東京美術学校の日本画科に入学をします。同行で、絵画の基礎を学び在学中には、松岡映丘の画塾に入り、学校などとは違う角度でもその芸術に磨きをかけていました。そんな高山辰雄の特徴としては、在学中の作品は、本来活躍を見せた頃とは全くもって違うところにあります。1934年には第15回帝展にて、初入選を果たしていますが、1946年の戦後間も無い頃、ゴーギャンに出会ってからはその作風を大きく変化させていきます。その後に出品している1946年の第2回日展に「浴室」を出品は特選。浴室に2人の裸婦がいるという、作品でした。さらには、1949年の日展に「少女」を出品。この作品も幻想的な晩年の高山辰雄を思わせる作風で、特選を獲得しているのです。高山辰雄の作品の特徴はとにかく独創的であることがあげられます。憂いな表情を見せる女性を描いたと思えば、細く繊細な線だけで作品を作るなど、自らの技術を惜しげも無く作品に詰め込んで行きます。故郷、大分を描いた作品「豊後里道に月を見る」は、2005年に制作されたものですが、セピア色を全体に配し、どこか物悲しい表情を全体で表現しています。しかし、荒れ果てている…と、いう表現ではなく、どこか慈愛に満ちあふれ、高山の思う故郷への愛情が表現されているのです。1972年に日本芸術院会員に、さらに1979年には文化功労者。そして、1982年にが文化勲章を受章するなど、日本美術界へ大きな貢献をしているのです。掛軸買取においても、高山辰雄の作品には人気が集まります。まだまだ、価格は上がっていくでしょう。洋画に魅せらながら、波に飲まれることなく、新しい日本画に昇華させていった天才画家高山辰雄。彼の功績は、計り知れないものなのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ