【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 高山辰雄

高山辰雄

人間や空、道などの人間の生活を愛情深く、そして深い色彩で描き続けた画家、掛軸買取 高山辰雄。95歳でこの世を去るまで生涯、現役を貫き続けた日本を代表する画家として知られています。そのな高山辰雄は、1912年に大分県に生まれます。絵画に目覚め、自ら画家として生計を立てて行くことを決意。上京した後に、東京美術学校の日本画科に入学をします。同行で、絵画の基礎を学び在学中には、松岡映丘の画塾に入り、学校などとは違う角度でもその芸術に磨きをかけていました。そんな高山辰雄の特徴としては、在学中の作品は、本来活躍を見せた頃とは全くもって違うところにあります。1934年には第15回帝展にて、初入選を果たしていますが、1946年の戦後間も無い頃、ゴーギャンに出会ってからはその作風を大きく変化させていきます。その後に出品している1946年の第2回日展に「浴室」を出品は特選。浴室に2人の裸婦がいるという、作品でした。さらには、1949年の日展に「少女」を出品。この作品も幻想的な晩年の高山辰雄を思わせる作風で、特選を獲得しているのです。高山辰雄の作品の特徴はとにかく独創的であることがあげられます。憂いな表情を見せる女性を描いたと思えば、細く繊細な線だけで作品を作るなど、自らの技術を惜しげも無く作品に詰め込んで行きます。故郷、大分を描いた作品「豊後里道に月を見る」は、2005年に制作されたものですが、セピア色を全体に配し、どこか物悲しい表情を全体で表現しています。しかし、荒れ果てている…と、いう表現ではなく、どこか慈愛に満ちあふれ、高山の思う故郷への愛情が表現されているのです。1972年に日本芸術院会員に、さらに1979年には文化功労者。そして、1982年にが文化勲章を受章するなど、日本美術界へ大きな貢献をしているのです。掛軸買取においても、高山辰雄の作品には人気が集まります。まだまだ、価格は上がっていくでしょう。洋画に魅せらながら、波に飲まれることなく、新しい日本画に昇華させていった天才画家高山辰雄。彼の功績は、計り知れないものなのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談