【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 麻田辨自

麻田辨自

実的表現による、繊細な筆遣いの花鳥画などを描き、戦前期の官展を中心に活躍を続けた画家、掛軸買取 麻田辨自。様々な賞を受賞しつづけ、数多くの栄光を得ていた日本画壇の1人です。そんな麻田辨自は、1900年に京都府亀岡市に生まれます。幼少の頃から絵画に親しみ、若いながらもその独特のスタンスを作り上げていたとも言われています。 そんな麻田辨自は、絵画の基礎をより固めて行くために、京都市立絵画専門学校に入学しています。しかし、この在学中に描いていた作品「栗と樫鳥」では、無数の栗野の葉を絶妙な描写で繊細に描くという、才能溢れる画風で話題となります。 1921年の在学中には、第3回帝展で初入選するほどの腕前であったのです。しかし、当然基礎を重んじる学校という場所では、あまりの独自性にしばしば教師に怒られていた、という過去もあるようです。卒業後の麻田辨自は、より活躍の場を広げて行くために研究科に進みます。そして、その後は、西村五雲に師事をすることとなり、結果的に画塾「晨鳥社」に入門することになります。この西村五雲の画風の影響を非常に強く受けていた、麻田辨自は後の作品にも師の面影や影響が伺えます。ちなみに、絵画だけでなく、創作版画も手がけていたことでも知られます。1930年の第11回帝展では、日本画作品だけでなく、版画「燕子花其他」を出品するなど、多岐に渡って才能を伸ばしていったことでも知られています。そんな、麻田辨自は数々の賞も受賞しています。戦後での出品で活躍をしていくこととなるのですが、先ずは1950年の第6回日展で「樹蔭」の特選が有名でしょう。1959年での第2回新日展で日本画における風景画の新境地を開いた作品「風騒」では文部大臣賞を受賞するなど目覚ましい活躍を続けました。そんな、麻田辨自の作品は掛軸買取においても高い評価を獲得し続けています。功名に描かれる風景画には、未だファンが多いようです。個性の強い作品を多く作り、自らの世界観を築き上げて行った天才、麻田辨自。彼の功績は日本画の歴史を変えたのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談