【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸  勝田哲

勝田哲

洋画のような繊細で幽玄的な色使いと日本画の美しさを掛け合わす、独特な作品を描いて有名になったのが、掛軸画家 勝田哲です。1896年に生まれた勝田哲は、昭和期に主に活躍をしています。京都府に生まれた勝田哲は、画家への道を目指すことを心に決めた後、東京に上京し東京美術学校西洋画科しています。洋画の美しさに心を魅かれたこの頃だったのですが、日本画が持っている今までに感じてこれなかったたおやかさ、繊細さ、一見つれないようだが芯のある姿。こういった魅力に取り憑かれてしまい、卒業後に何と京都市立絵画専門学校に入学をしてしまいます。しかし、この転向が後の勝田哲を作り上げるためのターニングポイントだったに違いありません。日本画に夢中になる勝田哲は、円山派の巨匠でもある早苗塾の山元春挙に師事したこともあり、徹底的に日本画の基礎を叩き込んでいきます。雲の上とも言える、山元春挙に師事をすることで、より日本画という世界観を早く見に着けることができたと言われています。結果的に、勝田哲が本格的な画家としての人生をスタートさせたのが、第7回の帝展です。「お夏」をその時に出品するのですが、その作品で何と初入選を果たします。この入選をキッカケに、帝展の第10回、12回帝展で特選を受賞するなど、目覚ましい活躍を続けて行くことになるのです。洋画を学んでいた勝田哲の強みは、その繊細で立体的な色使いでしょう。美人画を得意としてため、美人画が多く知られていますが、その美人画も切なく妖艶な雰囲気を平坦的になることなく、ハッキリと人物、背景と描き出されています。 果無い美しさを感じさせながらも、芯の通った強い女性像を作りだすその技術は、今でも目を見張るものがあります。掛軸買取においても、勝田哲の作品は高く注目されています。妖艶な雰囲気を出す美人画など、多くの人々を魅了し続けています。晩年になると、後進への指導にも力を入れており、多くの実績を残しました。絵画の道へ進み、そしてその道を大きく築き上げた日本画家勝田哲。彼の持つ、才能こそ日本美術界が誇るべきものだったのではないでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談