掛軸 河合健二

掛軸 河合健二

河合健二

山岳をモチーフにしたものを中心に、様々な風景画を描き出した掛軸画家が河合健二です。多くの名声を手に入れながらも、洋画を取り入れたり常に新しい画風を模索していった芸術家としても、よく知られています。1908年に京都府に生まれた河合健二は、幼い頃から、芸術に興味を持ち芸術家としての道を歩み進めようと、志を持ち続けました。本格的に絵画を学ぶために、河合健二は京都にある京都市立会が専門学校に入学。絵画の基礎をそこで培って行きます。さらに、絵画への気持ちはより強まって行き、結果卒業ではなく研究科に進むという道を選びます。じっくりと絵画を学び卒業。実践力や教科書で習うようなことでない、本物の芸術的感性を磨きあげるために、西村五雲に師事。師が運営している画塾「晨鳥社」に所属しており、様々な作品を出展し続けて行くこととなります。戦前の河合健二は、文展での活躍が目覚ましく、文展を通じて数多くの人々から評価を得て行きます。しかし、河合健二自身、戦後に感じた心は全く違い、画風もガラっと変化をしていきます。洋画を取り入れたり、様々な創意工夫を凝らして新しい風景画を多く生み出して行くのです。その作品は、世間にも評価をされていきます。第3回の日展に出品した「霧雨」が特選を受賞するだけでなく、第7回展出品の「池」など特選を受賞することとなり、名実ともに日本画の大家としてのぼり詰めていくことになるのです。印象はを思わせるような、独特のタッチと揺るぎない自然界の強さ。それを、荒々しく描くのでは無く、見るものを包み込んでくれる優しさに溢れた作品。ハッキリと描写された構図なども、河合健二の作品の特徴とも言えるのでは無いでしょうか。掛軸買取においても、非常に河合健二の作品には定評があります。まだまだ、人気も衰えることは無いでしょうし、これからさらに価値が高くなってくるはずです。1951年には白寿賞を受賞し、1967年にも菊花賞など、河合健二の創造する世界は多くの人々に受け入れられます。彼が目指した本当の芸術を、我々も今この目で見ることができるのは、本当に幸せなことなのかもしれません。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ