【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸買取 菅楯彦
菅楯彦 日本画家として数々の功績を作り上げた人物、菅楯彦。数々の功績を残すだけでなく、そのプライベートでも大きな話題を作るスキャンダラスな人生を歩んだ芸術家として広く知られています。そんな菅楯彦は、1878年に鳥取県鳥取市出身に生まれてます。本名は、藤太郎と言います。 1882年には大阪に転居する事となり、塩川文麟の門下であった父に日本画を学ぶ事となります。もともと才能があったのか、日本画の腕前はなかなかのものだと思われていましたが、この時には自らも日本画で生活していく事を考えてはいませんでした。しかし、転機が訪れたのが1890年でした。父が卒中で倒れてしまいまい、菅楯彦が結果的に着物の図柄やちょうちん、看板などの絵を描いて生計を助けようとなったのです。 しかし、実力もなく子供ということで注文が来る事もなく、結果的には困窮を極めて行きます。そして、そんな中で父親も高いしてしまい孤独に苛まれます。父以外に絵画の指導を受けていた訳でもなく、仕方なく画集などを寄せ集めては独学で絵画を学び始めて行きます。 後がなくなった菅楯彦だけに、その努力は猛烈なものであり、、大和絵をはじめ円山四条派・狩野派・浮世絵など、分け隔たり無く研究に研究を重ねました。さらに、その中で歴史にも強く興味を持ち始めており、国学を鎌垣春岡に、漢学を山本憲に学び知識も深く身につけて行きます。 結果的に、独学という事でその写生を元とした独特な作品づくりが評判を呼び始めます。どこの派閥にも入る事がなく、一匹狼という自由なスタンスで作品づくりを続けていた事もあり、富田屋の芸妓・八千代と結婚する流れになり、世間では大きく注目を浴びます。そして、1958年についに日本美術院恩賜賞受賞。世間に広く認められたのは、80歳の時だったのです。数々の挿絵などを手掛けており、今後も価値が高くなっていく作家のひとりです。菅楯彦は掛軸買取でも注目されています。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談