【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

掛軸 佐藤圀夫

佐藤圀夫

故郷である東北地方の生活を描き、その力強くも慈愛に満ちた作品で有名な掛軸画家が、佐藤圀夫です。岩手県に1922年に生まれた佐藤圀夫は、絵画の道を極めていくために、上京。東京美術学校日本画科に入学しています。同校で、様々な日本画の基礎を学び続けていき、東京美術学校日本画科首席卒業という、華々しい過去を持っています。そして、この才能は同校を卒業後に早くも花開きます。1946年の院展に出品した作品が、何と入選。日本画家としての人生をスタートさせていくのです。しかし、院展での出品は行い続けることはしませんでした。その背景には、高山辰雄らが主催する日本画研究団体一采社への参加であったり、山口蓬春に師事をして新しい美術を学んで行ったという背景があります。結果、1949年に日展に出品をし、こちらでも初入選を果たすのです。基本的に、日展での活動が増えて行った佐藤圀夫は、その入選をキッカケに1954年の日展では特選を、1963年には日展審査員に推挙。1976年には日展評議員となり、1977年の日展で文部大臣賞の受賞をしています。その間には、名古屋芸術大学で教鞭も振るいます。この、名古屋での教授を長く務めたことで、名古屋日展日本画部門では実質的責任者として活動も行っていました。風景に花鳥図、人物画と日常風景を切り取ったようなモチーフを、地味溢れる色使いとタッチで描き続けた佐藤圀夫。その持ち味は、力強く芯の通った見るものの心を突き動かす作風でしょう。そんな、佐藤圀夫がよくわかる作品が「月明」です。1989年の日展に出品した作品でもあり、日本芸術院賞も受賞している大作として有名です。因みに、個人的には犬や猫などを愛しており、多くの犬猫を飼っていたことも、ファンの間では有名だと言います。そんな佐藤圀夫の作品は、掛軸買取においても非常に人気が高く、高価な価格で買取をされています。故郷を離れ、その才能をいかんなく発揮。数々の栄光を手に入れながらも穏やかな人生を送った、人間味溢れる芸術家だったのかもしれません。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談