掛軸 菊池芳文

菊池芳文

明治期に活躍をし、数々の名誉を手に入れた京都画壇のひとり、菊池芳文。彼の描く作品の繊細なタッチと切なさと儚さを感じさせる、幽玄的な雰囲気など、未だ尚数々の人々の心を動かし続けています。1862年に大阪で生をうけた掛軸画家 菊池芳文ですが、表具師である三原三郎兵衛の次男として生まれます。その家庭環境もあり、幼少の頃から絵画へ触れる機会も多く、自ら画家として生きて行くことを早い段階から決意していったようです。菊池芳文は、絵画の基礎を学んでいくため、滋野芳園に師事をします。技術の基礎から全てを叩き込まれた菊池芳文はさらに、研磨を重ねて行くために幸野に師事。その才能を幸野が見抜き出し、結果的に本格的に画家としての生活を示唆。菊池芳文の本当の活動が、ここから始まって行きます。菊池芳文は普通の修行ではなく、より自分の可能性を広げるような、そんな特殊な訓練を積みます。洋画の基礎をとりいれたり、伝統的な絵画を無視した画法を取り入れたり…。新しい道を開いていく為に、四苦八苦していくのです。しかし、苦しい日々も報われて行く日がやってきます。その大きなキッカケとなったのが、第1回内国絵画共進会展です。ここに出品した作品が、何と銅賞に輝くこととなります。画壇としての新たなスタートを切った菊池芳文は、ここから様々な入選を続けます。維新黎明期の展覧会で出品しても初入選をし、京都青年絵画共進会の第1席も獲得。さらには、世界的にも評価の高い1893年にはシカゴ万国博覧会での出品も果たしており、ワールドワイドに活躍を広げて行きます。まさに、菊池芳文の描く作品は幽玄的であり、新しい何者にもとらわれることの無い、そんな秀作ばかりです。しかし、的外れな作品ということは無く、美しくも果無い日本画の持つ最大の魅力もしっかりと加えられています。掛軸買取においても、「葛花小禽」「雨中百合図」「青楓香魚」など、評価が高い作品には高価な価格がつけられます。厳しい鍛錬の中から這い上がり、その結果をしっかりと生み出していった菊池芳文。彼の功績と、その作品は永遠に語り継がれて行く事でしょう。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ