日本画 中野蒼穹

日本画 中野蒼穹

中野蒼穹

日本画家・中野蒼穹は1902年に生まれです。福島県の原町に生まれ育つ中野蒼穹は画家を目指していき、晩年には浦和の井沼方にこもって制作を続けることになります。風景画の素晴らしさが脚光を浴びることとなり、現在でも美術界で話題になるほどの秀作を生み出してきました。幼少の頃から絵画を描くことに長けていた中野蒼穹は、その技術を本格的なものにしていくため上京、日本美術学校に入学し研磨を重ねていくことになります。そんな中野蒼穹は同学校を卒業し、さらに技術を強固にしていくために日本画の大家であった中村岳陵に師事をし、本格的に画家を目指すことになります。中村に師事していた頃は、院展に多く出品をし活躍していくのですが、師である中村が院展が日展に移行する流れを受け、そのまま自らも日展を中心に作品を出品していくようになります。そして、その日展で数々の輝かしい賞を獲得するようになり1960年にはついに、日展の特選、白寿賞を受賞することになります。その4年後には菊花賞を受賞するなど、名実ともにその名を世に馳せて行く事になるのです。風景や花鳥図を得意とし、その独特のタッチで情緒的ながら真実を捉える実直な作品を多く描いていきます。その中の作品で1980年に描かれた「ごろすけ」があります。3羽のフクロウがこちらを見ている作品なのですが、うっすらと群青に染まる背景に浮き立つようなフクロウが幻想的、幽玄的に見える作品なのですが、どこか可愛らしく不気味や恐怖というよりも愛情深く、可愛らしい中野蒼穹の人柄を感じることのできる愛らしい作品になっています。晩年に向けて、自然を描くことに集中するために浦和に転居した中野蒼穹は、その後も日展で活躍し日展の審査員として推挙され、日本の美術界に裏方としても貢献していくこととなります。情緒的ながら美し、日本人の忘れかけていた日本美を思い出させてくれるような素晴らしい作品を数多くのこした中野蒼穹。彼の描いた作品を残された我々は、永遠に大切にしていかなければいけないのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ