日本画 佐藤圀夫

佐藤圀夫 風の譜

佐藤圀夫は1922年に生まれた日本画家です。岩手県の出身で、日本芸術院の会員です。画家を目指し上京した後、絵画の技術を本格的に学ぶために東京美術学校の日本画科に入学します。才能溢れた学生であった佐藤圀夫はなんと首席という素晴らしい成績で卒業を果たします。その才能をは卒業後すぐに発揮されます。1946年に院展で初入選を果たし、日本画家として華々しいデビューを飾るのです。 精力的に活動を始め出す佐藤圀夫は1948年に高山辰雄などと日本画研究団体一采社に参加し、まだ技術を高めるために山口蓮春にも師事をしていきます。そんな、努力を怠らなかった成果かその翌年には日展にも初入選を果たし以後、日展での特選も受賞したりと中心人物として活躍をし続けることになります。そんな佐藤圀夫の作品なのですが、風景はもちろん、人物や花鳥図などを対象物の中心として描き続けます。郷土愛が強いことで有名でもあった佐藤圀夫は、東北地域の厳寒の自然であったり、生活環境を自らの視線で描き重厚感のある奥深い作品を描くことで有名になりました。そんな佐藤圀夫の作品の中のひとつである「風の譜」は海辺にボート、佇む少年を描いたシンプルな作品です。その重厚感のある筆遣いで描かれる青は、全体を重くするどころか情緒的に写し、さらには独特の質感で塗られる白とのバランスが見事な秀作です。海水の中に足首まで浸かってボート越しに遠くを眺める少年に、空を飛ぶカモメの雰囲気がまさに、哀愁漂い、夢を遥か彼方に追い求め続ける少年の心模様をこちらも感じ取ることができる作品です。そんな、人物の心を愛おしく物語り的に描ける佐藤圀夫は動物を愛していたことでも有名で、当時珍しかった品種の犬などを愛玩しています。そんな些細な日常からも彼の心優しく慈愛に満ちた人柄を感じとることができます。数々の賞を受賞し、画家として大家となった佐藤圀夫ですが、その温和な人柄に周囲の人間からも尊敬されています。心で描く、という作風を可能した天才画家佐藤圀夫。彼の人生は優しさに溢れる素敵なものだったに違いないのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

※9/21(木)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ