日本画 勝田哲

日本画 勝田哲

勝田哲 春の水

勝田哲は1896年に生まれた昭和期に活躍した日本画家です。画家を志した勝田哲は東京美術学校に入学し西洋画を学んでいます。しかし、日本画の持つ繊細で垰やかな作風に心を魅かれていった勝田哲は結果的に日本画に転じています。その日本画を極めるために、京都市立絵画専門学校に再入学をし、早苗塾の山元春挙に師事した経緯があります。元々、第1回文部省美術展覧会の審査員であった山元春挙は、勝田哲にとって非常に高い位置の存在であり、その師から日本画の基礎たる様々な教えを乞い、後の制作活動の基礎となっているのです。この勝田哲の画家人生のキッカケとなった出来事が第7回帝展で出品した“お夏”が初入選したことに他ならないでしょう。この賞を機に、数々の名誉ある賞を受賞していった勝田哲は日本画における画壇となっていくのです。そんな、勝田哲の作風なのですが、基本的に歴史画や人物を写実的なバランスで描く美人画を気品に満ちた美しいバランスと構図で描いていくことで有名です。その勝田哲が描く美人図は、日本画らしい淡く幻想的な空気感の色彩をメインとした、凛とした静けさを感じる作品です。中でも「美人図」では、大きい構図の中に浮かび上がるように描かれた和服の女性が本を読む風景が描かれていますが、優しいく情緒溢れるその色彩に勝田哲の持つ、心優しい垰やかな性格を伺い知ることができます。ほのかな光りをボンヤリと灯す行灯も、日本的で情緒感溢れる気持ちにさせてくれる作品なのです。さらに、「春の水」では柳が美しく妖艶な雰囲気を出す橋の上に佇む女性を描く作品ですが、その鮮やかながら淡く繊細な色使いは、美しも果敢ない一瞬の美しさを映し出す素晴らしい作品になっているのです。そんな勝田哲ですが、晩年には後進の指導にも精を出し、日本の美術界にも高く貢献を占めていきます。今も数々の方の心を掴んで止まないその独特で美しい作品は、日本の宝として大切に扱われ続けているのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ