日本画 吉田善彦

日本画 吉田善彦

吉田善彦

日本画家 吉田善彦は1912年に生まれた、昭和から平成期に活躍をした画家です。東京の地に生まれた吉田善彦は、本名を誠二郎です。1929年には、従兄弟である、吉田幸三郎の義弟の天才速水御舟に支持をして、絵画の基礎を学び出します。ここで、多くの基礎を手に入れる事になります。真面目に絵画に励んでいた吉田善彦だったのですが、ここで速水御舟がこの世を去ってしまいます。しかし、その後は小林古径に師事をすることになり、より、自らの芸術に磨きをかけることになっていきます。吉田善彦が、日本画家として一歩を踏み出すキッカケとなったのが、1937年の第24回の院展においてのことです。「もくれんの花」が何と初入選することになったのです。これは、丁度小林古径に師事をし始める年であり、この頃から新しい生活を送る事になっていきます。そして、その実力が徐々に認められて行き、1940年からは、何と法隆寺金堂壁画模写事業に参加することになります。素晴らしい作品に参加することにより、名声を高めて行った吉田善彦は、多くの賞にも縁が続きます。しかし、その4年後には太平洋戦争で戦地に赴くことになってしまいます。しかも、台湾から復員したの、その法隆寺金堂壁画の模写を始めましたが、1949年の金堂消失によって模写事業が止む得なく、中止という結果を迎えることとなっています。結果的に、奈良から地元である東京に戻る事になってしまいます。東京に戻ってからも、現役を貫き、よりレベルを上げて行きます。第42回院展に出品すると、奨励賞を受賞したり、美術院賞受賞なども受賞することになっているのです。そんな、吉田善彦の作品ですが、有名なのが「山の辺新秋」です。独特の淡いタッチと、色彩と豪快な構図で吉田らしい、美しきも郷愁を誘う秀作です。このような作品を作り上げた吉田善彦は、日本芸術院恩賜賞を結果的に受賞、そして東京芸術大学で教鞭を振るうこととなったのです。シンプルに、本物の芸術を追求した男こそ、吉田善彦という才能だったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ