日本画 小松均

日本画 小松均

小松均

日本画・小松均は「仙境の画人」とも、また「大原の画仙」とも言われています。清貧のなかでひたすら画業に打ち込む姿から、自然とこのように呼ばれるようになったのでしょう。小松均は、1902年に山形県北村山郡大石田町に生まれました。そして、1909年に創立された川端画学校を卒業しました。画壇にデビューしたのは21歳のときで、「嫁して行く村の乙女」が中央美術展に初入選を果たしたことがきっかけになります。1924年の第4回国画創作協会展に「晩秋の野に死骸を送る村人たち」を出品し、入選を果たします。これを機に土田麦僊の知遇を得ることができ、京都の東山に移り住み、麦僊に師事しました。麦僊は、小松の純朴な性格、そして、清らかな画心や才能を認め、弟子として小松のことを寵愛します。また、この頃にパトロンの内貴清兵衛の援助、そして指導もあり、彼の才能を発揮する礎が築かれました。

「大原の画仙人」と称せられた小松均

余談ですが、小松の作品には、最上川を題材にしたものが多いことでも知られています。最上川は、小松が生まれ育った山形県に流れる川です。おそらく小松は、自分の郷里への憧憬、過去との対峙、父母への慈愛といったものを、キャンバスの上で表現したかったのでしょう。1929年頃から、小松は、自身の得意分野である水墨画を描き始めます。戦後すぐ、1946年に京都の大原に移り住み、自給自足の生活をしながら絵画活動をしました。墨を主体にした細密な描写は、一つの塊となって、大きな力を生むにいたります。そうしたエネルギーに満ちた土俗的な表現が、小松均の特色を生み出していきました。 1986年には文化功労者として顕彰される栄誉に輝いています。晩年は京都市左京区大原井出町に居を構え、大原の風景を題材にした作品を多数残し「大原の画仙人」と称せられました。1989年、87歳でその生涯を閉じることになりました。彼の死後である1990年に、その旧宅に小松均美術館が開館しました。旧宅にある古い門には自筆の「萬霊報恩郷」の額が掲げられていることが知られています。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ