日本画 小泉智英

日本画 小泉智英

小泉智英 秋光

日本画・小泉智英は1944年に生まれた日本画家です。福島県の石川町に生まれ、郷土を愛する画人としても知られています。数々の賞を受賞し、多くの個展も開いており現在は無所属として現役を続けています。そんな小泉智英は芸術に興味をもったのが、多摩美術大学の日本画学科で後に教えを乞うことになる、横山操に加山又造などの画壇などの生き様に感銘を受け、画家になることを決意します。中学生の頃から本気で絵画に取り組むようになり、その自由な発想は当時から突出したものがあったと言います。教室のカーテン一面に墨で絵を書くなどまさに非凡という他ない、行動力で周囲を驚かせていたのだそうです。そんな、小泉智英ですが学生時代、創画会の前身であった新制作協会日本画部に出品をしていますが、その出品を最後に画廊には属すことは無くなります。その後、まさに枠を越えた発想で制作を続け、資生堂ギャラリーを借入れ初個展を開催、屏風への大作を制作しデビューを果たすことになるのです。小泉智英の作品はとても精巧な写実で描かれているのですが、その中にも深く情緒溢れる自然への美しい敬意を表すような心が温まるような素晴らしい作品です。特に屏風に描かれた作品である「冬の抄」は、まさに凛とした雪に風景に樹々がまっすぐ立ち並ぶ強く背筋が伸びるような作品です。また、対になるように制作された「秋の抄」はまだ緑が残る葉が秋の訪れを、今かと待ち受ける、期待に弾むような作品です。どちらとも、同じ対象で描かれているものの、小泉智英の独特の視線や筆遣いで表現される絶妙な違いでこれまでも、人間の心を揺さぶる作品となっていることが驚きです。普段何気なく見過ごしている風景を、郷土への愛情を背に、一筆一筆丁寧に手を抜くことなく繊細に描く小泉智英の芸術精神には、感嘆の声が出ます。敢えて枠組みを飛び出し、自分らしい作品を描き続ける小泉智英の動向は非常に興味深い上に、可能性をまだまだ模索している現役の芸術家なのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ