【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

日本画 小野竹喬

小野竹喬

日本画 小野竹喬は1889年に生まれました。岡山県に生まれた小野竹喬は画家を目指し、京都の生まれである竹内栖鳳に師事し、日本画を徹底的に学んでいきます。そして、この努力が認められると、師である竹内から竹橋の名を受けることになるのです。その後、本格的に画を勉強するために1911年に京都市立絵画専門学校に入学して更に研磨を重ねます。その後様々な美術運動の過程経て、結果的に号を竹喬に改めています。小野竹喬の作品は彼の作品は美し日本の四季の移り変わりを独特な淡い色彩で描いており、丁度朝から夕方への絶妙な変化に心が向かっており、情緒的で温和な郷愁を誘うような自然の息づかいが伝わる作風で有名です。故郷である瀬戸内海の風景などを多く描き、その繊細で日本的ながらモダンな絵画技術は今でも尚、多くの人々の心を掴んで止みません。そんな小野竹喬なので、今まで繰り返される日本画を模倣に終わることを恐れます。そのため、常に日本画のあたらしい可能性を探り、斬新で最先端の絵画の制作に没頭しています。そして、彼に手に入れた作品の新しさは「香り」でした。絵画の中の風景から漂うその場の香り。このさりげなくも、より写実的に真実を描き出すための最善の方法であり、今まで誰もなしえなかった新しい可能性を見つけ出したのです。そんな小野竹喬の代表作とも言える作品のひとつが「樹間の茜」です。独特な朱色と灰よりの青で構図されるこの作品は斬新であり、どこか郷愁とともにモダニズムの雰囲気すらも感じさせる素晴らしい作品の一つです。繊細 に陰影を付けられた枝たちに中心では青々を葉を透ける大木の姿。まさに日本の自然の美を、彼の独特な発想と写実技法で完璧に描きこなした最高傑作のひとつなのではないでしょうか。小野竹喬は当時の画家たちに比べ延命であり、晩年を迎えて衰えるどころか、益々、作品に磨きをかけていき1976年には文化勲章を受賞するまでの大家になるります。今も自宅には凛とした閑寂な雰囲気が漂い、芸術を愛する男の生きる喜びが溢れた空間になっているのだそうです。日本の美術界に革命を齎した小野竹喬は我々が誇るべき人物の一人なのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店事前相談

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談