日本画 山本丘人

日本画 山本丘人

山本丘人

山本丘人は、1900年に生まれた日本画家です。1977年に文化功労賞を受賞しており、文化功労者としても名高い、国内きっての大芸術家です。山本丘人は、現在の東京都港区に生まれており、府立三中に府立工芸を卒業。広瀬東畝や篠田柏邦などに、手ほどきを受けた後に、画家としての生計を立てることを心に近い、その後に東京美術学校に入学をしています。同校で、絵画の基礎を学んだ後、さらに研磨を重ねるために松岡映丘に師事。より、その感性に磨きをかけていきます。その後、すぐに目を出す事はありませんでしたが、ついに28歳の時に帝展での初入選を果たし、画家としての本当の人生をスタートさせることとなります。常に、新しい美術を求め続けていた山本丘人は、戦時中の1943年に東山魁夷らと国土会を結成します。そして、様々な功績と名声を挙げて行き、翌年に東京美術学校助教授に就任することとなります。常に、美術界に貢献していた山本丘人で、日展の審査員にまでなりますが、転機が訪れます。「世界性に立脚する日本絵画の創造を期す」を宣言し、1948年、上村松篁や吉岡堅二らと創造美術を結成することになります。山本丘人自身、その中心メンバーとして活躍していきます。近代洋画を想像させる、繊細な描写と郷愁を誘う日本画らしさを、独特なタッチで描き上げ、多くの秀作を残しています。シンプルで力強く、そしてその繊細な技法が垣間みられる作品が1982年に第9回創画展に出品された「風立ちぬ」です。洋風に仕立て上げられた家屋と、その庭から見える、広大な海。そして、細かな描写で描かれる木々。全てが、その雰囲気を情景を切なく、そして香しいタッチで描く秀作です。光りの使い方なども、近代洋画に通ずるものもあり、山本丘人がいかに新しい風を日本画に取り入れようとしていたか、存分に伝わる作品となっています。病に倒れるまで、常に現役であり続けた山本丘人。彼の作品や、生き様は今でも深くかたり告げられています。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ