日本画 山本梅逸

山本梅逸 四季花鳥図屏風

山本梅逸は1783年に生まれた日本画家です。江戸時代の後期に活躍をしていく南画の大家としても知られています。 花鳥図を特に得意とた山本梅逸は日本を代表する作品である「花鳥図屏風」を描きあげた人間としても有名で、その高度な技術と繊細ながら大胆な筆遣いと構図は、今の世になろう追随を許さぬ高いレベルの作品として有名です。 画家としてだけでなく、横笛を得意としていた山本梅逸は多彩な文化人との交流も有名でした。山本梅逸は名古屋の彫刻家の家に生まれ、幼少の頃から数々の作品を見て芸術的な美的センスを自然に学んでいました。 13歳の時に実家が酷く困窮してしまい、一時は危険なこともあったといいますが、母親が教育熱心であったことが幸いし、和歌の手ほどきをその頃に山本梅逸は多く受けました。そんな山本梅逸は幼い頃から、絵を描くことが大好きであったと言います。 そして、その絵画を本格的に学ぼうと、山本蘭亭に師事をしてさらに研磨を重ねます。才能を見抜かれた山本梅逸はその後にパトロンなどの元、数々の研磨を重ねていき、豪商であった神谷天遊にある中国古画の臨書を許されます。 その作品のレベルは素晴らしく、周囲を驚かせます。その後、京都で天遊などを経験しますが、竹洞の父の危篤を聞き地元である名古屋に帰ります。しかし、精力的に活動をしていく山本梅逸は、再び京都に戻ります。その頃にはすでに京都の文化人として知られており、年収も凄まじいものになっていたと言います。そんな山本梅逸の自由奔放な作品として大きな評価を得ている作品は「写生図鑑第三巻・花卉図・蔬菜図・果物図」でしょう。様々な花や果物などが自由な構図で描かれ、その一つ一つの持つ繊細で躍動感のある雰囲気は、まさに山本梅逸の持つ天才的な才能を感じさせる美しさとなっているのです。絵を描くことが本当に天から与えられた使命と、多くの作品を完成させていく山本梅逸。荒々しいと評される作品がありながら、美しい作風を貫くその精神は日本の画家として世界的にも大きな評価を得ているのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ