日本画 平松礼二

日本画 平松礼二

平松礼二

21世紀の近代美術を日本画で築き上げた天才画家、日本画買取 平松礼二。岩彩や箔、墨、コラージュなど、様々な技法を使い、日本画を超えた斬新な作品を生み出すことで、世界的にも非常に高名な日本人画家の1人です。1941年に東京都中野区に生まれた平松礼二は、幼少の頃より絵画に魅せられて行きます。愛知県立旭丘高等学校美術科に在学中という身でありながらも、その天才的な才能は早くも発揮され、青龍社展で春季展賞、奨励賞を獲得しています。そして、卒業後は愛知大学へ進み無事卒業。その後、多摩美術大学教授となり、多くの生徒へとその技術を受け渡していくこととなります。しかし、活動としては青龍社が主立っていたのですが、解散。ここで、孤独を感じながらも独自の芸術を極めるために創作を続けて行きます。当然、他の派に媚びることは一切無く、既成概念に固まっていた日本画の世界観へと反発を続けて行きます。その思いを吐露するかの如く、様々な作品を発表し続けて行った平松礼二は、モネの印象派という世界観に深く感銘を受けます。生涯をかけて作品を作り続けていくこととなる「路」シリーズでは、印象派のジャポニズム研究を続けて行き、新たな日本画の境地を生み出し続けて行きます。印象派の持つ、大胆でありながらも優しく温和な印象。しかし、その部分に日本画が持っている優美で可憐なテイストを難なくハイブリットし、見るものを圧倒する作品を生み出し続けました。功績としても非常に素晴らしいものが多く、1979年には中日大賞展で大賞を受賞、さらには1988年に第1回MOA美術館賞優秀賞し、 1989年には第10回山種美術館賞展大賞。 2000年になっては、MOA美術館岡田茂吉賞大賞など数々の名誉ある賞を受賞し続けて行くこととなったのです。また、2004年には第57回中日文化賞など、愛知県に貢献しているのも特徴的でしょう。神奈川県足柄町立湯河原美術館の中には、平松礼二館も併設されており、日本画の重鎮として多くの人々の心を魅了し続けています。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ