日本画 松本高明

日本画 松本高明

松本高明 紅白富貴

松本高明は1945年に生まれた日本画家です。個展などを中心として活躍し、数々の素晴らしい賞を受賞、そして院展という場所を軸に日本の美術界に大きく貢献をしているのです。現在でも精力的に活動をしており、その物腰の低い姿勢を貫く人柄にも多くの方が好感を抱いています。そんな松本高明は三重県の出身です。幼少の頃から芸術を好み、絵画を描いていました。ただし、静岡大学の農学部に入学し卒業をしています。その後、絵画の技術に研磨を加えていき1975年に院展に初出品を果たします。なんと、その初出品の院展で初入選をしていき、それをキッカケに院展・春の院展での連続で出品をしていくのです。当然そこでも入選を果たしており、その後の1992年の第77回院展にての奨励賞の受賞キッカケになっているのです。そして、この院展における奨励賞に関しては1994年・95年・96年・97年・98年・99年・2003年、04・05年と連続で受賞する快挙を成し遂げており、なかなか類を見ない素晴らしい成果を出すのです。春の院展に関しても、連続で数多く奨励賞、さらには外務大臣賞も受賞する流れになっているのです。そんな、松本高明ですが純粋な日本的でトラディショナルな作風で有名です。その華麗で華美な筆遣いは美しい構図を描き出していくのです。松本高明の作品の中でも多く描かれている対象物は花図です。 「紅白富貴」という白い菊を描いた作品なのですが、鮮やかで華美な筆遣いは菊の花びらを一枚一枚を軽やかに描き、そのまわりの葉の淡い色使いも全体の構図を華やかに彩る注目したいポイントです。華麗でありながら、今だけの儚さ、潔さなどを感じることのできる素晴らしい秀作となっているのです。直線的、曲線的と様々な技法を使い分けては美しい作品を描き続けていることでも、各方面で評価が高い結果を生んでいるのです。 院展が基本的な活躍の場として有名でしたが、基本的に院展意外においても百貨店で個展などを行って精力的に制作をしています。 まだまだ大きな活躍を期待できる松本高明。これからの活動も見守って生きたい人物なのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ