日本画 根上富治

日本画 根上富治

根上富治 五位鷺

根上富治は1895年に生まれた日本画家です。昭和を中心に活躍をした画家で、戦後は主に日展を中心に活躍を続けていたことで知られています。親しみやすい端正な筆遣いは、美術に詳しくない者でも分かりやすく、非常に愛される作品を多く残していったことで有名です。根上富治はその名前から「値が上がり、富む」と多くの商売人などに人気で、絵画の素晴らしさはもちろんですが、縁起担ぎの一環としても非常に話題になっていたと言います。しかし、本人は全くその名前を意識しているわけでもなく、意外な所で多くの人に愛されている、という面白いエピソードを持つ画家の一人としても知られています。根上富治は、山形県の出身で幼少の頃から絵画に親しみ、数多くの作品を独自に描いていました。その後、本格的に絵画の技術を研磨していくために上京、東京美術学校に入学をしていきます。ここでは、日本画を結城素明に本郷洋画研究所にて岡田三郎助に洋画の技術を学んで行くことになります。日本画、洋画の両方をしっかり基礎づけ、後の活躍の肥として重要な時期となったのだそうです。才能を伸ばしていった根上富治は、東京美術学校の卒業後、1921年の第3回帝展で初入選を果たすことになります。この入選をきっかけに翌年の第4回帝展ではなんと特選を受賞することになるのです。花鳥図を多く描いていた根上富治が、線の細い写実的な作風で知られます。鷺を描く作品である「五位鷺」はしだれた葉が茂る枝に止まる、1羽の鷺が描かれているのですが、端正な筆遣いで構図とられた作品が非常に品が良く、さらには淡く儚さも感じることができる日本的な美しさで描かれている秀作です。 帝展や文展で活躍を広げて行った根上富治は、日本画院を結成したり、帝国美術学校で教鞭をふるったりと日本の美術界に高く貢献しているのです。数々の秀作を、伝統的な手法で繊細に描き、日本の美しさをより高く表現し続けた根上富治。彼の作品が持つ、その美しさは未だ尚、多くの人の心を掴んで話さない作品なのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ