【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

日本画 森田恒友

森田恒友

日本画家 森田恒友は、1881年に生まれた大正から昭和期にかけて活躍した画家です。南画の名手として知られ、南画の持つ伝統を近代絵画に蘇らせた、日本の美術界でも重要な位置にいる画壇です。森田恒友は、埼玉県の現熊谷市に生まれます。幼い頃から画家で生計を立てて行くことを決意し、1901年には上京しており、小山清太郎の主宰している画塾である「不同舎」で、中村不折に師事をします。この、不同舎で絵画の基礎を学び、後の森田恒友を作る礎を作ります。森田恒友は、さらに自らの絵画への道を極めて行くため、翌年東京美術学校西洋画選科に入学をしています。22歳の頃に描いた自画像は、まだまだ荒々しさが残りながらも、その繊細で力強い森田恒友を思わせる、貴重な1枚として現在でも大切に保存されています。森田恒友の絵画への探究心は止まるところを知らず、同大学の研究科へと進むことになります。しかし、在学中に徐々に自らの進むべき道が見え始めてくる森田恒友は、研究科を退学、石井柏亭や山本鼎らと美術誌『方寸』を創刊するだけでなく、同誌に挿絵や芸術論などをどんどん世間に発表していった。そして、森田恒友が画家としての一歩を踏み出すキッカケとなるのが、1907年の第1回での「湖畔」の入選です。この入選を期に挿絵画家としても力を身に付け活躍、雑誌社で漫画を描いたり、新聞社に入社するなど華々しい生活を送るようになったのですが、また道を変化させます。森田恒友自身の芸術をさらに高めて行くために、1914年にヨーロッパへ渡り、ポール・セザンヌの印象派に強く影響を受け勉強。帰国後は、ヨーロッパで身につけた技術で作品を発表し続けます。森田恒友は、二科会の会員や日本美術院洋画部同人などにも選ばれて活動しますが、全て脱退しています。そして、杉放菴に倉田白羊、梅原龍三郎らと『春陽会』創設に加わり、新しい日本画の在り方を追求していくのです。常に、自らの芸術を貫いた男こそ森田恒友です。彼の持ち込んだ、革命的芸術はこれからの美術界でも、大きな影響力を持ち続けていくことでしょう。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談