日本画 森白甫

日本画 森白甫

森白甫 静日

森白甫は1898年に生まれた日本画家です。写生の虫と呼ばれた森白甫は、その精密な筆遣いで描かれる作品は数々の人間を虜にし、美術界でも高い評価を獲得します。日本芸術院賞を受賞後、日本美術展覧会評議会員に理事まで歴任した経歴を持っています。そんな、森白甫に東京都の浅草に生まれます。その家系として父が既に日本画家の大家である森白畝でした。幼少の頃から数々の美術に触れる機会が多く、自らが画家の道を志すことも自然な流れでした。そんな森白甫は、本格的に絵画を学ぶために荒木十畝の主宰している「読画会」に入塾しています。そこで、後の画風を決めることとなる花鳥図を基本としてしっかり学ぶようになります。入門をした後、真剣に絵画を一から学び続けていく森白甫は1925年に帝展に出展をした作品が入選します。この入選をキッカケに帝展では後に特選などを獲得するほどの腕前と、名声を手に入れることになります。そして、徐々に作風を独自の物にしていく森白甫は、1939年になると清新な色調の鮮やかで清冽な構図で描く花鳥図を追求し始めます。この追求により、「錦鱗」は第3回の新文展でも高い評価を獲得しています。そんな森白甫の作品のひとつで「静日」があります。追求されたとする、清新な美しさのある色調で1羽の鳥、そして葉が描かれています。その緻密で繊細な筆遣いで描かれる鳥の美しく華麗な色彩には、森白甫の高い写実性を感じることができます。対照的に葉の淡くバランスよい、どこか優しく郷愁を誘うような姿も独特な素晴らしい秀作です。数々の花鳥図で掛け軸なども描き、精力的に活動をしていた森白甫は、1957年に日展に「花」を出品、そこでなんと日本芸術院賞を受賞するまでになります。さらに、自らの作品を描き続けるだけでなく、後世への技術の向上を図るため多摩美術大学で長く教授として絵画を教え続けます。その、教えには定評があり「日本画の技法」なども著していました。シンプルに絵画に向かい続け、実直に花鳥図を描き続けた森白甫。彼の心にはいつも芸術があったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ