日本画 横山大観

日本画 横山大観

横山大観

近代日本画壇の巨匠であり、今日の日本画界にとってなくてはならなかった男が、日本画買取 横山大観です。線描を抑え、独特の没線描法を使い描かれる朦朧体を確立し、数多くの秀作を生み出していきました。1868年、常陸国水戸の藩士、酒井捨彦の息子としてこの世に生を受けます。東京英語学校に入学しながらも、絵画に興味が強く、様々な作品を描けるようになりたいと、洋画家の渡辺文三郎に鉛筆画を学んでいます。その後、本格的に絵画の道を極めようと決心した横山大観は、結城正明と狩野芳崖に教えを乞い、美術学校への進学を試みます。見事、東京美術学校に第1期生として入学した横山大観は、数々の盟友との日々を同校で送る事となるのです。さて。東京美術学校を卒業した後には、旧来の日本画に疑問を感じていたこともあり、西洋画を取入れた新しい日本画の制作に打ち込みます。その甲斐あり、没線描法と呼ばれる新しい画法を発掘。この技法で様々な作品を生み出し続けて行くこととなるのです。しかし、当然このような先鋭的な作品には批判も多く、画壇の守旧派からの激しいバッシングを受けることとなります。しかし、その言葉に屈するどころか、カルカッタ、ニューヨーク、ボストン、ロンドン、ベルリン、パリなど、世界各国で展覧会を開催。世界的に大きな成功を納めることとなり、結果的に日本美術院の再興の中心人物として、国内で迎え入れられるようになるのです。その地位に甘んじることのなかった横山大観は、日々研鑽を重ねて行き、結果的に朝日文化賞受賞を受賞、帝国美術院会員への推挙、そして第一回の文化勲章の受賞者になったのです。晩年になっても活動を続けていった横山大観は、89歳という大往生でこの世を去りましたが、その日本美術界への貢献より、正三位に叙せられ、勲一等旭日大綬章することとなります。日本画を語る上で、必ず避けることのできない大画家、横山大観。彼の残した足跡の上を、現代の日本美術界が歩いているのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ