日本画 橋本関雪

日本画 橋本関雪

橋本関雪

四条派から受け継いだ写実的表現を、幻想的な筆遣いで新解釈し、幽玄的な世界観で表現をし続けた画家、日本画買取 橋本関雪。清冽な色気を放つ、日本画の良さを最大限発揮した、日本が誇る大画家として広く知られています。橋本関雪は、1883年に神戸市に生まれています。学問所詰儒者という両親の元で育つ橋本関雪は、幼い頃より多くの学問に触れる機会が多かった人物でした。父からは漢字を学んでいますが、絵画への興味が強く、その絵画への情熱をカタチにするために、竹内栖鳳の竹杖会に入会します。絵画の基礎を学び続け、日々研鑽を続けていった橋本関雪は、その実力を10年かけ発揮します。文展に出品した作品が、二等賞を受賞。その受賞をキッカケに様々な展覧会で活躍を見せて行きます。1916年、そして翌年と特賞を受賞。帝展においては、審査員も勤め上げ、帝室技芸員。さらには1935年に帝国美術院会員に推挙、1937年では帝国芸術院会員という素晴らしい実績を手に入れて行くのです。さて、橋本関雪なのですが、中国へ精通していたということも知られています。ことあるごとに中国に渡っており、絵画制作へのヒントと見つけ、獲得していきます。京都銀閣寺畔の白沙村荘に別の号で活動していた橋本関雪なのですが、その庭の美しさも有名であり、現在でも庭は一般公開されています。橋本関雪の作品の特徴は、中国の古典文学、風物などがモチーフになっている部分ではないでしょうか。四条派や大和絵、狩野派、南画など様々な技法を全て自らのものにしており、全てを掛け合わせた大胆な作品を描き上げています。動物画においては、晩年に多く描いていることもあり、美しい幽玄的な雰囲気の清冽さが際立つ作品が多くあります。古今東西の古美術の蒐集家としても、広く知られており、その人柄も人気の秘訣のひとつであったと知られています。さて、そんな橋本関雪は日本画の中でも取り分け人気の高い画家の1人です。橋本関雪は、日本を代表する絵画を描き続け、そしてその美しい世界を実生活にも取り入れた、希代の芸術だったのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ