日本画 橋本静水

日本画 橋本静水

橋本静水 凍郊

橋本静水は広島県生まれの日本画家です。帝展を中心に活躍していきますが、後に院展の同人として推挙されていることでも知られます。本名は宗次郎となり、号をいくつか替えていき、正素を経て静水になっていきます。鋭く力強いその作風と筆遣いで人気を博し、日本画の大家として大きく名を残していくことで有名です。さて、そんな橋本静水なのですが幼少の頃から画家を志し、橋本雅邦に日本画を基礎から学んでいます。努力を重ねていった橋本静水はその後に橋本の養子になることになります。山水画の研究に余念が無かった橋本静水は師の描く山水がを研究し、自らの芸術的完成で消化していき独特な作風に行き当たることになります。山水画を中心描いた橋本静水なのですが、美しく繊細な日本美人を描くこともあり、扇画など文化価値が高い作品なども多く残しています。精力に活動し、技術に研磨を重ねていった橋本静水なのですが第5回の文展に入賞してからは、その画風の変化などから帝展へと活躍の場を移していきます。 秀作を描く橋本静水の中でも特に多く描かれたものが、歴史上の人物画でした。その人物画は狩野派の画風を基礎にしていながらも、洋画のテイストも織り交ぜており、当時には斬新で新しい日本画として注目を集めていったのです。そんな橋本静水の作品でも「凍郊」は非常に有名な作品のひとつです。雪が舞う日本の冬を思わす、その空間に一羽の雉が歩く作品なのですが、その絶妙な濃淡で描かれる作品はまさに繊細で写実的、まさに美しくも芯が通った力強い作品となっています。現代の我々には、深く馴染みは薄い日本画かもしれませんが、実は目黒雅叙園に静水の間という場所があり、その繊細な筆遣いを前面に使った芸術的な部屋となっており、静水の持つ独特な感性と想像力がいかんなく発揮されたような美しい間となっているのです。身近なところで我々に感動を与え続ける橋本静水。彼に功績は今からも高く評価されて行くことでしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ