【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

日本画 正井和行

正井和行 夕桜

日本画・正井和行は1910年に生まれた日本の画家です。モダンで幻想的なその独特な筆遣いは印象が深く、多くの人々の心を魅了しているのです。大分と京都を行き来し、琵琶湖を描いた作品を多く残していることでも広く知られています。日展を中心に活躍をしており、心象風景には高い定評があるのです。正井和行は1910年に兵庫県の明石市に生まれた、関西学院中学部を卒業後、本格的に絵画を学び画家として生計を志した正井和行。京都市立絵画専門学校に入学し、その技術に研磨を重ねて行きます。さらに大きく躍進を遂げるために、在籍していた京都市立絵画専門学校の研究科と福田平八郎にも師事をしています。ここで、多角度から絵画に対する意識を学び独自の感覚を手に入れていきます。しかし、この正井和行は非常に病弱であり、その弱い体に鞭を打ちながら芸術を貫いていきました。しかし、その試みにも無理が出始めてしまい27歳という若さで発病をしてしまい、大分の転居してしまったのです。仕方がなかったとはいえ、筆を持ちキャンパスの前に立つ体力は無く10年程度の制作ストップを余儀なくされてしまうのです。しかし、その病気を克服し京都に上京します。絵画への感動や思いは全く色褪せることが無く、むしろその制作意欲は以前にも増して正井和行を燃え上がらせます。池田遙邨が主宰している画塾青塔社の入塾し、失われた時間を取り戻していくのです。そんな正井和行の描く作品は一見地味で陰鬱であると取られていますが、実は生命力に溢れた力強い作品なのです。モチーフが廃坑や廃園など、何か裏に暗い物語りがある対象物にしむけられており、その世界に華やぎを与え、芸術的な夢を与えているのです。月を描く作品には琵琶湖に反射する光りが華やぎを感じるような妖艶な広がりを見せてくれます。作品に人生を投影したような、美しさと欝世界を表現し続ける正井和行の作品には、様々な人間が心を駆られる衝動に陥るのです。病弱である自らの体に負けずに芸術への強い思いを貫き続けた正井和行。彼の描き出す作品には力と美が備わっているのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談