日本画 武者小路実篤

日本画 武者小路実篤

武者小路実篤

画家としても大きな功績を残し、さらには美術、演劇、思想などの分野においても高い功績を残し続けた画家が、日本画買取 武者小路実篤です。武者というような愛称で呼ばれ、その人柄や作品、天才的な発想で数多くの人々に愛され続けた、希代の画家として知られています。そんな、武者小路実篤は1885年に、東京府東京市麹町区に生まれます。文学を好みながらも、作文が非常に苦手であったという武者小路実篤。それでありながらも、東京帝国大学哲学科社会学専修に入学をします。当時より、同級生であり、よき理解者でもあった志賀直哉や木下利玄達と一緒に、「一四日会」を作り活動の場を広げて行きます。しかし、東大を中退してしまい、その後は文学雑誌「白樺」を制作しています。それ以降、武者小路実篤はシラカバ派というように呼ばれ、活躍を続けています。文学者として積極的な活動を続けていた、武者小路実篤。階級闘争の無い世界、この理想郷の実現を目指していた武者小路実篤は、1918年に宮崎県児湯郡木城村に「新しき村」を建設をしました。しかし、ダム建設などにより水没、後には埼玉県入間郡毛呂山町に建設をしています。非常に、友好的な関係を生み出していた、と今では言われており、武者小路実篤の活動の中でも取り分け評価の高い偉業だと言われています。小説家としての文学者の顔を持ちながらも、美術にも強い関心を持ち、自らも40歳を超える頃に絵筆をとり、絵画の活動にも拍車をかけていきます。その画風は、どこか優しげであり、心を落ち着かせてくれるものです。過激な運動などを起こしていながらも、内に秘めているその優しく、温和な心は、彼の作品を見ると心よりよく分かります。代表作としては、「仲良きことは美しき哉」「君は君 我は我なり されど仲良き」などがあり、絵画だけでは無く、そこには達筆に書される文を添えています。数々の分野で偉業を成し遂げ、現在の日本に多大なる影響を与えた大人物、武者小路実篤。彼の生き方全てが、芸術だったのではないでしょうか。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ