日本画 河本正

日本画 河本正

河本正 新樹

日本画・河本正は1922年に兵庫県に生をなしました。日本を代表する戦前の画家のひとりであり文化功労者や文化勲章受章し数々の大作を世に送り出し画壇の雄として名を馳せた事で有名な川端龍子を師事して画家になりました。河本正が得意とする絵は風景画です。最初に絵を見ると薄く書かれており良く分かりませんが見ている内に絵に引き込まれ魅了され心が和みます。絵の特徴として一般的に風景画はその土地しか見えない風景を描き題名も何処の物か分かるように記載します。しかし河本の絵は早春や秋色など何処でも見る事ができる風景で題名も何処で書かれたものかわかりません。日常的に見える風景ではありますが新鮮な風景と言えさらには霧や朝霜など表現が曖昧な物まで細かく表現されており幻想的な空間を描いています。彼は元々あまり有名な画家ではありませんでした。しかしとある社展で入賞する事で一躍有名になったのです。それが青龍社展春季展です。青龍社とは師である川端龍子が設立したもので元々日本美術院に居た川端が脱退後に自派の作品の発表機関として作った日本画の美術団体です。昭和33年より公募制で年2回の展覧会を開催しており設立者である川端龍子が死去する66年まで続けられました。河本正が入選したのは第12回春季展と15回でした。その後県知事賞や三鈴賞など数々の賞を受賞してきました。青龍展が龍子死去後に解散された為それからは日府展に参加していました。1990年頃には日本画の公募団体である創日会の創日会顧問・審査員を務め、2000年頃には日府展副理事長に就任するなど華々しい活躍をしております。さて河本正の代表作には高価な値段が付けられています。現在では名古屋に在住しており同じ名古屋市にある愛知県美術館に行けば彼の数々の作品を見る事ができます。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ