日本画 浜田台児

日本画 浜田台児

浜田台児

浜田台児は1916年に生まれた日本画家です。鳥取に生まれた浜田台児の本名は浜田健一です。非常に色鮮やかな色彩で構図とられた美しい作風で有名です。日本芸術院の会員、日展の顧問と裏方としても日本の美術界を支えていました。数々の素晴らしい賞を受賞し、画集なども発売されるなど日本画の大家としても大きく名を馳せています。浜田台児は学生の頃から画家として生きて行くことを心に決めており、1935年に伊藤深水に弟子入していきます。ここで真剣に学ぶことを認められていった浜田台児は、内弟子扱いとなり非常に高い技術と精神を受け継いでいくことになっていきます。1936年にはその努力が認められて日本画界展に出品、初入選を果たしておりこれをキッカケにし、活躍の場を広げていく予定でした。しかし、その翌年ですが戦争で応召されてしまい中国に出兵となります。その出兵先で負傷としていますが、戦後、その傷も全く感じさせることもなく精力的に活動を益々続けて行くことになります。怪我で入院をしていましたがその入院中の1939ねんになんと二科展に出品、それだけでも素晴らしいのですが入選までも果たします。その後の1941年には新文展で初入選、そして特選なども受賞する活躍を見せて行く事になるのです。伊藤の繊細で美しい人物画を学び、その根本をしっかり受け続けていきますが、高みを望んだ浜田台児は師の没後、更なる人物画の可能生を広げていくために、橋本明治に師事をし、鮮やかな色彩感覚を付け加え、浜田台児独自の幅の広い作風を志すようになってくるのです。人物画はもちろんなのですが、花鳥図なども多く描いていた浜田台児ですが、その内のひとつ「朝暉」ですが、鮮やかな橙の空に一方向を目指して強い心で飛ぶ鶴の姿が描かれる力強く、鮮やかな作品です。力強く鮮明な筆遣いが、どこか鶴の強固な意志と夢に向かって飛翔していく、という美しい作風として見受けることができる秀作です。内閣総理大臣賞なども受賞し、日本画としての名誉ある賞を数々受ける浜田台児。体に傷を負いながらも、夢を負い続け、その夢を叶え続けるというその姿勢は現代の我々も見習わなければいけない事なのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ