日本画 田島奈須美

田島奈須美

日本画 田島奈須美は1943年に神奈川県は横浜市で生まれました。独特なタッチで幅広い作品を描き続けた田島奈須美は、日展を中心に活躍をしていく画家となります。著名人に中でもファンが多く、その優しくも幻想的で甘美な作品は多くの人を魅了し続けていることでも有名です。日展の評議員なども努めており、美術界にも高い貢献をし続けていることでも知られています。画家を志していった田島奈須美は1965年に絵画の基礎を高めていくため、伊東万耀に師事をして基礎を身につけていきます。そしてその後、より繊細な画風を身につけるため深水塾に入塾をしていき、後の作品に大きな影響を及ぼす美しいタッチを修得していくことになります。その才能を徐々に開花していく田島奈須美は、1966年の新日展に出品、初入選を果たします。その入選をキッカケに奨励賞や日春賞、さらには1969・70年には日展特選までも獲得するようになります。しかし、ここでの田島奈須美はまだ自らの信じる芸術に満足することはなく、1972年には橋本明治に師事をしています。その真面目でひたむきな性格が、彼女の作品を美しく、力強くしていき数々の感動を引き起こすことになっていったのでしょう。そんな田島奈須美の作品ですが、美しい花鳥図も多く描いているのが特徴です。「香春」では、灰色の背景に美しく映える梅の樹々と花びらが華麗に配されています。桃色と白い花びらのバランスに取れたその色彩構図に直線的でどこかモダンな印象も受けることができる、魅力的な作品のひとつです。また、打って変わって「カトレア」ではハッキリと鮮やかな色彩で花びらが描かれ、前面に浮いているグラデーションのような雰囲気を曲線的に描いた作品となっています。背景と同形色で描かれた蝶がアクセントとなっており、女性らしい美しさと強さを感じ取ることができる作品となっているのです。そんな田島奈須美ですが、オール読物の表紙絵と目次なども勤めたり、幅広く画家としての活動を広げました。現在では田島奈須美を筋田增田奈壽美と改名しており、精力的に絵画活動を行い続けていることでも知られています。まだまだ、新しくも伝統的である田島奈須美の作品を楽しみにできることは美術ファンに取ってみて非常に嬉しいことなのです。

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-15 西五ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

大阪本店
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中3-16-5

銀座店
〒104-0061
東京都中央区銀座5-4-14 銀成ビル1F

※9/25(月)に限り、17:00~臨時休業とさせていただきます。

横浜本店
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25-2
インペリアルビル 1F

※9/25(月)に限り、16:00~臨時休業とさせていただきます。

名古屋本店
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内1-10-19
サンエイビル 1F

京都本店
〒604-8142
京都府京都市中京区錦小路通東洞院
東入る西魚屋町612-12

広島本店
〒730-0004
広島県広島市中区東白島町
19-83 1F

博多本店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-2-13
博多駅前ビル1F

北海道[札幌/函館]
東北[青森/岩手/宮城/秋田/山形
      /福島]
関東[東京/銀座/神奈川/横浜/埼玉
      /千葉/茨城/栃木/群馬/山梨]
信越[新潟/長野]
北陸[富山/石川/福井]
東海[愛知/名古屋/岐阜/静岡/三重]
近畿[大阪/難波/兵庫/京都/滋賀
      /奈良/和歌山]
中国[鳥取/島根/岡山/広島/山口]
四国[徳島/香川/愛媛/高知]
九州[福岡/博多/佐賀/長崎/熊本
      /大分/宮崎/鹿児島/沖縄]

古美術八光堂本社ビル

株式会社 古美術八光堂
大阪本社ビル

大阪市浪速区難波中3-16-5

ページトップへ