日本画 田能村直入

日本画 田能村直入

田能村直入

日本画・田能村直入はは1814年、文化11年に生まれた日本の画家です。明治時代を中心に活躍をし、日本で最後となる文人画家として広く知られている著名な画家です。豊後の家庭に3男として生まれました。田能村直入は僅か6歳の頃に岡藩の伊藤源兵衛に習字を習っており、学を基礎から身につけるようになっていきます。そして、7歳の時分にまず岡本梅雪に狩野派の画法を学んでいき、9歳の時に田能村竹田の画塾に入塾します。これが大きな運命の別れ道となり、竹田の養子に迎えられることになったのです。才能を豊に持った子供として田能村竹田は非常に高く評価しており、その期待に答えるべく田能村直入自信も粉骨砕身で努力を続けて行くことになります。芸術に対する情熱と感受性が人一倍強かった田能村直入は、絵画だけに止まることをせず、角田久華には儒学、広瀬旭荘には漢詩、その他茶道であったあり、剣術までも身につけるという本当に幅広いオールマイティな人間でした。才能を持ち合せていた田能村直入なのですが、竹田に伴って大阪に渡り、数々の文化人との交流を持ち始めます。しかし、その翌年には師である竹田がこの世を去ります。その後は大阪、京都とあちこちで遊歴を重ねることになりますが、27歳の時に堺に腰を据えることとな詩社咬菜吟社を設立することとなり、300人以上の門下を集める人気の画塾を引率することになるのです。数々の文化的功労を重ねる田能村直入ですが、その作品も非常に高い評価を得ています。1877年、田能村直入63歳に頃には京都博覧会の開催に非常に尽力を重ねます。そして、自らも作品を出品する運びとなりなんと受賞を勝ち取ります。その独特のセンスと持ち前の才能に裏付けされた、数々の作品は人々の心を魅了していきます。1847年に作成された花鳥図は美しい花々と荒々しく、怒るようにけたたましく変える葉や樹々を全面に大胆に描いた作品です。淡くも力強い色彩で描かれる、作品は見た者の心に衝撃を与えるような、強く、生命力に溢れた素晴らしい秀作です。こんな作品を描ける文人画家が日本にいたことを誇りにも思える、素晴らしい絵画です。絵画だけでなく、書物宝物展の開催など文化的な事業を精力的に行い続けてきた田能村直入。彼に素晴らしい文化活動は、現在の美術界の非常に重要な宝となっていることでしょう。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ