日本画 白鳥映雪

日本画 白鳥映雪

白鳥映雪 葵の上

白鳥映雪は1912年に生まれた日本画家です。長野県野出身で2003年に画家として最高峰である勲三等瑞宝章を受賞している、日本画壇の頂点に立つ芸術家です。美人画の伝統を伊東深水から継承され、自らも後の日本における美人画の歴史を伝承していきます。そんな、天才と謳われた白鳥映雪ですが数々の苦難を乗り越えた波乱の人生であったと言います。生まれてすぐに母と死別してしまい、伊東深水の描く美人画を見た瞬間、母親の面影を感じとり、その感動をキッカケに画家になることを志します。やはり、自らが画家になるのであれば尊敬する人間に付きたいと思う白鳥映雪は、紹介で伊東深水の門下になり美人画を始めとする日本画に研究、研磨を重ねます。その才能は瞬く間に開花し、門下になった2年後の1943年には「生家」が文展で入選を果たします。その後の日展でも特選や白寿賞などを受賞し名実ともに名を馳せて行きます。この受賞年に師である伊東深水や児玉希望などと美術研究団体である日月社の立ち上げにも関わっています。その後、尼僧侶や能楽などの日本独自の美人画を独特の筆遣いとタッチで描き、白鳥映雪の美人画として完全に芸術様式を確立します。それからの白鳥映雪は内閣総理大臣賞をはじめ、数々の名誉ある賞を数多く受賞していくことになります。白鳥映雪の描く美人画の「葵の上」は般若の面を被る幽玄な雰囲気の中で佇む作品ですが、その綿密な描写に柔らかく浮き立つ色気、さらには静けさを感じる艶やかさなど、見る者を釘付けにするような溜め息が漏れる作品です。順風満帆に移る白鳥映雪の人生ですが、90歳の時に脳梗塞で倒れ、画家の命である右手が不随になります。しかし、左手で作品を描き、介護を受けながらもその残された力で自らの芸術を貫くその姿に多くの人間が感動し、刺激を与えます。人生を芸術に売った、と言っても過言では無い美しい人生を歩んだ白鳥映雪。彼の生き様は今を生きる芸術家だけでなく、一般の方々にも勇気と感動を与えてくれたのです。

店舗情報

関連情報

全国無料出張鑑定エリア

    • 北海道
    • 青森
    • 岩手
    • 宮城
    • 秋田
    • 山形
    • 福島
    • 東京
    • 神奈川
    • 埼玉
    • 千葉
    • 茨城
    • 栃木
    • 群馬
    • 山梨
    • 新潟
    • 長野
    • 富山
    • 石川
    • 福井
    • 愛知
    • 岐阜
    • 静岡
    • 三重
    • 大阪
    • 兵庫
    • 京都
    • 滋賀
    • 奈良
    • 和歌山
    • 鳥取
    • 島根
    • 岡山
    • 広島
    • 山口
    • 徳島
    • 香川
    • 愛媛
    • 高知
    • 福岡
    • 佐賀
    • 長崎
    • 熊本
    • 大分
    • 宮崎
    • 鹿児島
    • 沖縄

ページTOPへ