【感染予防の取り組み】感染予防対策を実施しておりますので安心してご来店ください。詳しくはコチラをご確認ください。

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

日本画 福井爽人

福井爽人 花の下

福井爽人は1937年に生まれた日本画家です。北海道の旭川で生まれた福井爽人は、その雄大な景色の持つ、魅力に魅かれる様に静寂と詩情的な美しい風景画を得意としている日本を代表する画家の一人として広く知られています。そんな福井爽人なのですが、心象世界を描くことで有名で様々な国を旅しては、そこに映る美しくも甘美な世界観をパレットに落とし込む作業を繰り返します。そんな福井爽人ですが、幼少の頃から絵画に親しみ、上京後、東京美術学校に入学して本格的に絵画の技術を研磨していきます。その後、日本画の巨匠として知られる平山郁夫に師事をし、さらに磨きをかけていきます。1969年の院展で奨励賞を受賞し、この受賞をかわきりに様々な賞を受賞していくこととなります。旅好きで知られる福井爽人は、様々な環境で自らの芸術と向き合う画家としても広く知られています。伊豆の山奥の小さな小屋で、全くなにも無い状態で写生をしてみたり、シルクロードに出向いたり、日本各地を車で横断したりと多くの場所で制作活動を続けて行くのです。温和で不器用なその人柄に多くの人々が魅了され、その無駄の無いシャープであか抜けるモダンな作風にも人柄が表れています。そんな福井爽人の作品のひとつに1981年に制作された「花の下」があります。牛と牛使いが、大きな花の咲く木下に佇む一瞬を描いた作品ですが、そんな柔らかく繊細な筆遣いによって、このシーンが何か優しい心の休憩のように感じ取ることができます。さらに、陰影が素晴らしく描かれており、牛や人間のバランスも絶妙であり、まるで写実的な洋画のようにも見えるモダンな作品になっているのです。また、神秘的な女性が坪を頭に乗せて歩く作品では、幽玄的ともとれる淡く美しい色彩使いで彩られる青の中に赤い衣装が映えており、まさに甘美な作品として心うたれるものがあります。自信の創作活動意外にも教師として日本の美術界に貢献をしていきます。彼の教えは教えない教育、というスタンスで自由こそが伸びを感じさせる教育とし、生徒からも高く支持されています。つきることのない想像力で我々を楽しませてくれる福井爽人。彼の活動の今後も期待している方は多いのではないでしょうか。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談