【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

日本画 福田平八郎

福田平八郎

大胆きわまりない発想で描かれる、新時代の日本画を生み出した画家が、日本画買取 福田平八郎です。洋画に中国など、様々な美術様式より強い影響を受け、その独特の存在感だけでなく後世に残る秀作を生み出し続けていったのです。さて、そんな福田平八郎は1892年に文具店を営む父のもと、大分県に生まれています。学校に通いながらも、数学が大の苦手であり、数学の試験に落第してしまっていた、などとも言われています。しかし、文具店ということもあってか、絵画を描くことにかけては熱中をしており、本格的に画家になることを夢見て日々研鑽を続けていきます。本格的に絵画の勉強をしようと思い、京都市立美術工芸学校に入学をし直して、在学中に素晴らしい成果を生み出していきます。卒業制作は、同校の買上になるなど、その才能を早くも見せつけていきます。その翌年、第一回帝展に出品した「雪」が初入選を果たすことになります。この入選がキッカケとなり、数々の賞の受賞を続けて行くことになります。そして、第三回帝展に出品した「鯉」が特選。この時の作品は、宮内庁が買上となるなど、名実共に日本画壇の1人として高い名声を獲得していくこととなるのです。宋・元時代の花鳥画をモチーフにしながら、バランス良い陰影をつけた絶妙な作品など、多くの人々に衝撃を与えて行きます。その貢献度を買われた福田平八郎は、帝展の審査員に推挙、さらには京都市立絵画専門学校助教授として教鞭を振るいます。しかし、現役としての画家生活にも拍車がかかり、中村岳陵や山口蓬春らと六潮会に参加し、新しい日本画の未来を常々摸索し続けます。その後、1948年には、毎日美術賞受賞し、1949年には日展運営会理事。さらに、 1958年には日展常務理事など蒼々たる経歴を積み上げます。文化功労者としても讃えられ、現在でもその作品の多くは伝説として、数々の展覧会に用いられています。日本画の中でも、先鋭的でありながらモダニズム溢れる福田平八郎の作品。世界が認める、最高の日本画家の1人だったのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談