【感染予防の取り組み】こちら

人気作家のご紹介

買取対応人気作家のご案内です

日本画 福田豊四郎

福田豊四郎 ふるさとへ帰る

福田豊四郎は1904年に生まれた日本画家です。斬新な作品を目指し、日本画の新しい世界観を打ち出した日本の重鎮として広くしられています。いつでも若々しいその作風は、素朴でたくましく、実直な心あたたまる筆遣いで各方面で人気を呼んでいるのです。さて、そんな福田豊四郎ですが、自ら描く作品をロマンチックリアリズムと呼び、故郷をモチーフにした郷土愛溢れる素晴らしい作品を多く描いていったのです。常に日本画のあたらしい可能性を見つめ続けてきた福田豊四郎は、数々の苦難を乗り越え自らの作品に重みを託していったのです。幼い頃から絵画をたしなみ、本格的に絵画を学ぶために17歳の時に川端龍子に師事し、書生として絵画を学んでいきます。そして、京都に上京をし土田麦僊にも師事をして研磨を重ねていくこととなるのです。そんな福田豊四郎はその京都で京都絵画専門学校に入学、その頃から新しい描写に挑戦し、故郷を卒業制作としても描いているのです。斬新な作品を求める福田豊四郎が洋画や文学者など、新しい交流を繰り返し、常に新しい刺激を自らに与えて行くこととなります。幻想的で情緒感とメッセージ性が強い福田豊四郎の作品は、見る者の心を捉え、今までにない秀作を描きだしています。その中にひとつに「秋田のマリア」があります。貧しくも力強く生きる人々を称讃し、そして讃えるような気持ちで描かれるこの作品は詩的表現を感じることができる、福田豊四郎の人柄を映し出すような素晴らしい作品として有名なのです。晩年になると、さらに郷土への愛情が増してきており、どこか感傷的な雰囲気も漂う美しい作品が増えます。「ふるさとへ帰る」では、郷愁を誘う切なさと儚さも相まりながら、ファンタジーのようなユニークな世界観で描かれ、故郷に対する福田豊四郎の気持ちが込められた美しい作品となっているのです。65歳で息を引き取る寸前まで郷土秋田を描き続ける、生涯芸術院として活動を休まない福田豊四郎は、入退院を繰り返しながらも自らの信じる芸術を曲げることなく創作しつづけました。彼に思いを継ぐ現在の芸術家たちへの道しるべを作った福田豊四郎。彼の存在は日本の美術界にとって最重要な貢献をしたのです。

すぐにつながる、
今すぐ出張・来店のご予約

事前査定でもっと便利に
電話受付時間10:00〜18:30 土日祝日も営業
サクッと簡単

LINEで査定・相談

24時間受付 手軽に相談

メールで査定・相談

ビデオ通話ですぐに相談

オンラインで査定・相談